ワイオミング州

ホワイト・サルファー・スプリング - アメリカの温泉

当ブログでは、ワイオミング州サーモポリスの素晴らしさをたびたびご紹介してきました。

サーモポリスを骨の髄まで楽しむために、こんなマニア受けしそうな温泉も訪れてみては?

不釣り合いな石階段

温泉や間欠泉であまりにも名高い、イエローストーン国立公園が主に立地しているのは、ワイオミング州。

イエローストーンではほとんどの場所で入浴禁止なので、同州サーモポリスにあるホットスプリングス州立公園の方が、温泉好きには楽しめるかもしれません。

Road

公園内には無料の公衆浴場や様々な温泉施設、巨大な石灰華ドームを眺める遊歩道などが整備され、魅力いっぱい。

ホワイト・サルファー温泉のことなど、ほとんどの観光客が気に留めていないことでしょう。

Parking Lot

この温泉は、バッファローの群れが見られる公園の北部に位置しています。

ビックホーン川に面して見晴らしのよい空き地に車を停めます。

Travertine Dome

この駐車場の山手に、"Green Eye"と呼ばれる特異な温泉析出物が点在しています。

源泉はすっかり枯れていますが、悠久の時を経て温泉成分が美しい年輪を刻んだ地形です。

Signboard

さて、目立たないながらもホワイト・サルファーは公園の見どころの一つなわけで、案内板あり。

Signboard 2

1890年代には当地に浴場があったが、1899年に全焼したと書かれています。

The Bighorn River 1

1900年頃の絵葉書に描かれた様子が今日とほとんど同じなのは驚きですが、唯一、湧出量が減少してしまっているようです。

Steps 2

頑強な石造りの階段を通って、川面近くに下りていきます。

Steps 3

不釣り合いなほど立派な建築は、当ブログではおなじみのニューディール政策の遺産。

Steps 1

フランクリン・ルーズベルト大統領のもと発足した公共事業促進局(WPA)により建設され、世界恐慌後の失業者に職と収入を与えました。

White Stream 3

必要でない公共事業に連邦予算が無駄使いされたとして批判されることの多い政策ですが、こうして「必要でない」温泉が整備され、人々の心の豊かさにちょっぴり貢献している点を強調したいところです。

入浴できるのか!?

The Bighorn River 2

改めて石階段と泉源を見比べてみると、どちらがメインか分からなくなるほど、見すぼらしい泉源。

White Stream 1

トラバーチンの崖下から流出する湯の川は、用水路のようにしか見えません。

しかし、よく観察すればビッタビタに付着している硫黄成分が特徴的。

Water Temp

泉温50℃、強い硫化水素臭を放っています。

White Stream 2

流路はすぐ二手に分かれ、川に流れ落ちておしまいです。

それなりに見ごたえのある景勝ですが、入浴できるのでしょうか。

Cliff

実際のところ良いとも、ダメとも書いてありません。

あるぱか
見ればわかるでしょ。
いいや、わからないね。
かぴばら

Soaking Pool

誰も来る気配はなかったので、水着に着替えてしまいました。

一応、観光スポットなので全裸はやめておくべきでしょう。

Riverside 2

足場の悪い斜面から流れ落ちる源泉はアツアツ。

ビッグホーン川はすぐに深くなり、上流にダムがあることもあって清流というほどの清潔感はありません。

Riverside 3

適温で湯浴みできる箇所はほとんどなかったわけですが、サーモポリスはやっぱり楽しいな。

まとめ

White Sulphur Springs, サーモポリス, ワイオミング州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    野湯
  • ルール
    水着着用
  • 塩素消毒
    なし
  • 泉温
    ~50℃

-ワイオミング州
-, , ,