オレゴン州

アムクワ・ホットスプリングス - アメリカの温泉

他州ではあまり見られないがオレゴン州に多い形態の野湯、それは有料

国有林の中にあってそれなりに管理されていますが、あくまでもそれなりです。

析出物の丘から渓流を見下ろす

ポートランドから4時間のドライブ、ベイエリアからは8時間、という旅行者には行きづらい場所にあるのが、オレゴン州アムクワ温泉です。

Road

同州ターウィリガー温泉と多くの類似点があります。

どちらも国有林内にあり、有料、軽いハイキングが必要、そしてどちらも人気のスポットです。

Parking Lot

状態のよいダート道の先に駐車場があります。

日帰り利用専用エリアであり、キャンプは不可。

Trailhead

料金は車1台当たりたったの5ドル。

私の訪問時は係員不在だったので、粗末な料金箱に投函しておきました。

Bridge

虹色の橋を渡った後、往復1km強の登山です。

距離は短いですが、急斜面が続いて骨が折れます。

Trail

おびただしい数の落書きに彩られた汲み取り式トイレを見つけたら、温泉はもうすぐそこ。

Rest Room

急に視界が開けます。

赤茶けた温泉析出物が丘状に堆積していて、そのはるか下方に沢が流れています。

Overview

おおよそ6つの湯だまりで構成されていて、どれも有志が析出物をくりぬいて作った、原始的なもの。

入浴ルールはクロージング・オプショナルで、全裸でいる人も少なくありません。

Upper Pools 2

崩れそうな屋根で覆われているのがメイン・プールです。

5人は入れそうな大きさ。

Shack 2

この場所での湧出はなく、それより上部にある泉源から引湯されているのが全てです。

Shack 2

浴槽内の温度は約41℃。

Shack 4

ホースを操作して、熱くなりすぎるのを防げるようになっています。

かぴばら
見事な断崖絶壁だね!
湯あたりして落ちないようにね。
あるぱか

Umpqua Hot Springs, Oregon

Photo by Mitchell Friedman – Umpqua Hot Springs, Oregon (2011) / CC BY 2.0

あふれた源泉は広範囲にわたって斜面を流れ落ちます。

Tufa dome 4

ところどころ、棚田状にくり抜かれた湯だまりがあります。

Tufa dome 1

析出物の丘は、自然の芸術であると同時に、天然の冷却装置です。

下方へ行くにつれ、ぬる湯になっていきます。

Tufa dome 3

川原まで下った場所ですら、岩風呂が見えます。

自然に流れ落ちるばかりの源泉を、高低差を利用して余すことなく利用している様子。

River

熱めの源泉を、足元湧出で

さて、アムクワ温泉の類まれな全貌を堪能したので、今度はじっくりと湯に浸かりましょう。

最も高い位置にあるこちらの泉源の湯が、他の全ての湯だまりに流入しています。

Hottest Pool 2

濁っていて一見、泥水のように見えますが、心配無用。

底面こそ柔らかい土になっていますが、湯の濁りは温泉由来で、十分に清潔です。

Hottest Pool 1

時おり気泡を伴う足元湧出。

泉温44℃の熱めの源泉です。

Water Temperature

一瞬の熱さを我慢して身体を沈めると、金気臭の立ち込める力強い浴感。

良いわぁ~!

Soaking 2

オレゴン州によく見られる有料の野湯は、「当たり」が多い印象です。

適度に人の手が入り、適度にほったらかしで、実に素晴らしい。

Soaking 1

まとめ

Umpqua Hot Springs, アムクワ国有林, オレゴン州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    野湯
  • ルール
    混浴全裸可
  • 塩素消毒
    無し
  • 泉温
    ~44℃

公式サイト

-オレゴン州
-, , ,

© 2021 Ken@孤独の温泉