遠刈田温泉 あづまや旅館, 宮城県

「明るい浴室」ファンの皆様お待たせしました!

遠刈田温泉 あづまや旅館の浴室は明るく、胸のすくような空間です。

神の湯

開湯1601年といわれる古くからの温泉地、遠刈田温泉。

その「顔」となる共同浴場、神の湯は2006年、蔵王町遠刈田福祉センターに代わって設立されました。

Kami No Yu

神の湯, 遠刈田温泉, 蔵王町, 宮城県

地元民から観光客まで多くの人で賑わう、掛け流しの浴場です。

あづまや旅館

神の湯の東に面したところにひっそりと佇む温泉宿が、あずまや旅館。

Exterior

神の湯と同じ源泉である、遠刈田7号泉を使用しています。

Entrance

日帰り入浴料金は500円と、神の湯の330円よりわずかに高いですが、混雑を避けていわゆる「独泉」を狙うなら、値段以上の価値がありそうです。

Lobby

思いのほか重厚な雰囲気の漂う、がらんとしたロビー。

廊下の天井が傷んでいて、一瞬ぎょっとします。

Corridor

右手に目をやると、年季の入った浴室の外観が見えます。

Wabi-sabi

この雰囲気、私は好き。

浴室は男女別の内風呂がそれぞれ一つ。

Changing Room 1

男湯の脱衣室まで来ました。

シンプルな脱衣所は、既に外光で照らされています。

Changing Room 2

というのも、浴室側が床から天井まで、一面フロストガラスになっているのです。

Windows 1

古いものが、丁寧に手入れされながら使われ続けているのが分かります。

Pool 1

浴室に足を踏み入れると、窓を一切開けていないのに開放感に満ちている空間に驚きます。

Windows 2

三方向の壁面が大きなフロストガラスで覆われ、日常が印象派の絵画のような色彩を帯びて、透けて見えます。

Overflow 1

浴槽の切り欠きから、ザバザバと湯が溢れています。

Overflow 2

溢れた湯は、含有成分で浴室のタイルを鉄錆色に染めています。

たった一つの浴槽は8人も入れそうな大振りのものですが、利用者が少ないため湯は新鮮そのもの。

Pool 2

金気臭を主体とする芳香を伴う、うぐいす色の源泉が注がれています。

湧出点では70℃の熱湯を加水して入浴に適した温度に調整されているようですが、湯口の温度は50℃を超えていました。

Water Outlet 1

ジンジンと痺れるような熱さで、さすがに耐えかねて更に加水させてもらいました。

明るい浴室で、真昼間から風呂に浸かってやるのは、温泉の醍醐味の一つです。

Water Outlet 2

こんな名湯を独り占めしている間にも、世界はそこそこうまく回っていく。

Take it easy!

あづまや旅館, 遠刈田(とおがった)温泉, 蔵王町, 宮城県
私の好み[3/5]
日帰り入浴可 (11:00 – 16:30)
宿泊可 (Web予約可)
公式サイトあり

コメントを残す


Ken Springfield