オレゴン州

ターウィリガー(クーガー)ホットスプリングス - アメリカの温泉

ふんわりと硫化水素臭の漂う源泉が、階段状になった渓流を流れ落ちていきます。

ここは、オレゴン州で最も人気の高い混浴温泉の一つでもあります。

ヒッピー・タウンに近い人気の温泉

オレゴン州で3番目に大きい都市ユージーンに関するステレオタイプは、「全米一のヒッピー・タウン」であるということでしょう。

それは全くの本当で、通りを歩けばすぐに分かります。

Road

ユージーンからカスケード山脈まで1時間ほど車を走らせれば、良質な天然温泉が点在していることも、ヒッピーには魅力的です。

ターウィリガー温泉は、ウィラメット国立森林公園内にある日帰り温泉。

Parking Lot

日帰り温泉といっても、管理しているレンジャーに料金を支払うこと以外は、完全に野湯といった風情です。

駐車場は温泉への登山口をいったん通り越して、ダム湖に面したところにあります。

Dam 1

車道に沿って元来た方向を戻ると、レンジャーの小屋を発見。

Sidewalk

営業時間は日の出から日没までで、明確には決められていません。

料金は一人6ドル(現金のみ)。

Pay Here

レンジャーが不在の場合は、現金を封筒に入れて投函します。

人気の温泉なので週末はごった返します。

Trailhead

過剰な「裸の付き合い」を避けて静かに入浴したいなら、日の出と同時に歩き始めるのがおすすめ。

Dam 2

登山は片道600メートルほどの簡単なものなので、軽装で問題ありません。

Trail

山火事多発地帯で、木々が炭化しているのが分かります。

温泉への立ち入りも頻繁に制限されるので、訪問前に山火事の状況を確認した方がよいでしょう。

渓流を階段状に区切った岩風呂

Rest Rooms

一本道の終点に、2つの簡易トイレがあります。

この辺りから階段で坂を下りたところが温泉です。

Covered Shelf Area 1

屋根付近に温泉名が彫られた更衣スペース。

ここに衣服や荷物を置いて入浴することになりますが、露天風呂からよく見えるので盗難の心配はそれほどないでしょう。

Covered Shelf Area 2

水着着用は任意(Clothing Optional)。

こういう温泉はアメリカに驚くほど多いわけですが、ヒッピー・タウンに近いためか、他の場所より全裸の人の割合が明らかに多い。

Covered Shelf Area 3

女優の常盤貴子さんが「徹子の部屋」で、異国での混浴体験を語ったのがこの温泉だとか。

あるぱか
すっかり混浴博士ね……
人聞きが悪いよ。
かぴばら

Steps 1

渓流そのものが温泉で、階段状に6つの岩風呂に区切られています。

Overview 2

下流方向に、板張りの休憩スペースが張り出しているのが見えます。

Steps 2

泉源は一番上の岩風呂にしかありません。

岩間から、ざあざあと自噴する源泉は47℃。

Water Outlet

湯口付近は入浴できないほど熱くなっています。

ふんわりと硫化水素臭が漂う、文句なしの名湯。

Upper Pool 1

白いバケツが置かれている辺りに、冷たい沢の水が引かれています。

Cold Spring

このロケーションで温冷交互浴ができるなんて、贅沢すぎる。

Overview 3

丁寧に組まれた岩垣を湯が乗り越えていくたびに、温度は徐々に下がっていきます。

最終的には不感温度の湯だまりとなります。

Lower Pool 1

早起きして来たのでうとうとしていると、全裸の男女が階段を下りてくる物音で目覚めました。

エデンの園かよ!

Lower Pool 2

まとめ

Terwilliger (Cougar) Hot Springs, ウィラメット国立森林公園, オレゴン州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    日帰り
  • ルール
    混浴全裸可
  • 塩素消毒
    無し
  • 泉温
    47℃(湧出点)

公式サイト

-オレゴン州
-, ,

© 2020 Ken@孤独の温泉