ぬる湯

入ることができる程度に沸いた湯だが、熱くない風呂。当ブログでは、体温(37℃)よりぬるい湯とする。温まらないが長湯できる。温泉法における冷鉱泉、低温泉が含まれる。