カリフォルニア州

スチュワート・ミネラル・スプリングス - アメリカの温泉

日本の温泉に多くて、アメリカでは滅多にお目にかからない泉質は何だと思いますか?

それは、ヌメり感の強いアルカリ性の湯です。

クリスタルガイザー飲み放題!

日本では大塚食品による輸入販売でおなじみ、クリスタルガイザーは米国で採水されたミネラルウォーターです。

二つある採水地のうち、カリフォルニア州マウントシャスタの麓に湧く水が、特においしいといわれています。

Crystal Geyser 1

現地ではその湧き水が飲み放題になっていると聞きつけ、これはもう行くしかありません。

場所は、マウントシャスタ・シティ・パークの中。

Crystal Geyser 2

クリスタルガイザーの空きボトルをちゃっかり持参して、岩間からあふれる清水を口に含むと、正真正銘のクリスタルガイザーです!

アメリカの「うなぎ湯」

マウントシャスタ・シティ・パークから車で20分の山奥に、鉱泉を利用した入浴施設があります。

Gate

重厚な門を通り抜けると、右手にパークス・クリークという渓流へ下る坂道が見えます。

Bridge 2

当日は路面が凍結してこの辺りに駐車しましたが、通常は施設に隣接した駐車場が利用可能です。

Bridge 1

渓流を橋で渡ると、落ち着いた色調の建物が近づいてきました。

Entrance

こちらでは宿泊も可能ですが、日帰り入浴も積極的に受け入れています。

日帰り料金は大人35ドル。

Fireplace 2

かつて当施設では混浴全裸可でしたが、2017年に入浴ルールが改められました。

現在、共用スペースでは水着着用、または貸し出されるシーツを纏うことが必要です。

Corridor 2

暖炉のある待合室に案内された後、13ある貸切風呂のうち一つを割り当てられます。

75分の制限時間の間、割り当てられた個室を自由に使用できます。

Bathroom

一人用の小さな室内の半分を、一人用のバスタブが占有しています。

扉を閉めればもちろん、全裸になって構いません。

The Tub 2

源泉は4℃の冷鉱泉。

加温した源泉を浴槽内で混合します。

The Tub 3

湯に触れてびっくり、ヌルヌル感が強い、うなぎ湯。

私の経験上、どういうわけか日本に多くてアメリカに少ない泉質なのです。

The Tub 1

入場の際、浴槽内で皮膚をこすらないように、と口を酸っぱくして言われます。

それだけ刺激の強い泉質なんですね。

Window

実際、すぐに湯あたりする感覚があったので、次のステップに進みます。

スチュワート・ミネラル・スプリングスでは、温浴槽と渓流を行ったり来たりする「温冷交互浴」を推奨しています。

Fireplace 1

うっかり臨死体験

暖炉の前を横切って、いよいよテラスに出ます。

Terrace 1

真下には、パークス・クリークが流れています。

Terrace 2

もう寒くなってきた。

あるぱか
本当に浸かるの……?
すでに後悔してるよ。
かぴばら

Parks Creek 2

川原は完全に凍結しています。

細心の注意を払ったにもかかわらず、足を滑らせて川に転落。

Parks Creek 3

これはもう臨死体験。

命からがら氷水を抜け出し、転がるようにサウナへ向かいます。

Parks Creek 1

貸切風呂の並ぶ廊下の一番奥に、共用のサウナがあります。

Corridor 1

暖かい……生きててよかった……。

そんなルーティンがくせになって、何度も繰り返してしまいました。

まとめ

Stewart Mineral Springs, ウィード, カリフォルニア州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    日帰り、宿泊
  • ルール
    水着または布着用
  • 消毒
    無し
  • 泉温
    4℃(湧出点)

公式サイト

-カリフォルニア州
-, ,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす