ネバダ州

スティームボート・ホットスプリングス&ヒーリング・センター - アメリカの温泉

その昔、世界最大級の間欠泉地帯として知られたアメリカ・ネバダ州スティームボート。

地震と大火で凋落した温泉地に、唯一残る温浴施設を訪ねます。

消え失せた温泉街

ネバダ州北部最大の都市リノと、州都カーソンシティを結ぶハイウェイ沿い。

『トム・ソーヤーの冒険』の著者、マーク・トウェイン自身が1860年代に命名したとされる温泉地、スティームボートがここにあり、往時は豪奢な温泉宿が建ち並んでいたといいます。

Building 1

1900年の地震で間欠泉の大規模な活動は終息し、その翌年の大火でほとんどの建物が灰塵に帰しました。

1925年、女医Dr. Carverが新たな源泉を掘削し、温泉病院を開業。

Entrance

その後二度の火災で焼失しながら、1940年代に再建されたスパニッシュ様式の建物が、日帰り入浴施設として現在も使われています。

突如、ゴーッという大きな音がして振り向くと、通りを挟んで反対側から白煙が上がっています。

Source of the Springs 1

コンクリートの構造物に囲われているのが源泉井戸で、約5分おきに水蒸気を吹きます。

間欠泉の活動が、ささやかながら残っているようです。

Source of the Springs 2

湧出点の温度は96℃という稀に見る高温。

近隣に地熱発電所があるのも、むべなるかな。

Hot Water Stream 1

構造物からあふれた温泉は斜面を下り、含有成分が流路に析出しています。

湯はそのまま、通りの端を流れ去ります。

Hot Water Stream 2

スティームボート温泉&ヒーリング・センターは温泉宿でも公衆浴場でもなく、ヒーリング、デトックス、リラクゼーションを目的とした温浴施設です。

基本的な方向性は開業時から変わらず、Dr. Carverの先見の明に、時代がようやく追いついたようです。

Building 2

ヨガからアーユルヴェーダまで、様々なワークショップが用意されています。

もちろん入浴のみも可能で、30分一人20ドル、二人35ドル~。

Lobby

受付では「好きな香りは何?」と聞かれます。

ぼんやり聞き流すと浴槽にラベンダー・アロマなどを投入されるので、全力で拒否してください。

あるぱか
そのアドバイス、おかしくない……?
温泉ファンなら分かってくれるよ。
かぴばら

無香料でよろしく!

超高温の源泉に、やむを得ず加水

Corridor

浴場は7つの貸切内風呂と1つの露天風呂で構成されます。

まずは屋外エリアから。

Outdoor Pool 1

緑いっぱいの裏庭に、四人サイズのプールが一つ。

適温に加水された源泉が、勢いよく投入されています。

Outdoor Pool 2

私は30分コースで貸切内風呂を割り当てられましたが、露天風呂も自由に使っていいと告げられました。

短時間のため、かなり慌ただしくなりましたが……。

Yellow Bath

内風呂へ移りましょう。

どれも似たような構造で、白いタイル張りの個室。

Pink Bath

面白いことに部屋毎にシンボルカラーが決まっていて、照明とステンドグラスの色で違いを付けています。

書き忘れていましたが、受付で最初に「好きな色は何?」と聞かれるので、面食らわないように。

Extremely Hot

二人サイズの細長い浴槽に、自ら新湯を投入します。

左のバルブを捻ると、アツアツの源泉がそのまま出てきてびっくり!

一瞬でも触れることができない超高温で、浴室には即座に湯気が立ち込めます。

Hot Tub

時間的な制約もあり、やむを得ず加水。

加水のせいかあっさりした浴感で、ほんのり焦げたような匂いが印象的です。

圧倒的な地熱エネルギーに、温泉街のかつての栄華が想像されます。

まとめ

Steamboat Hot Springs and Healing Center, リノ, ネバダ州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    日帰り
  • ルール
    貸切、水着着用
  • 消毒
    無し
  • 泉温
    96℃(湧出点)

公式サイト

-ネバダ州
-, ,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす