ワシントン州

ソープ・レイク・ナチュラル・スパ&リゾート - アメリカの温泉

豊富なミネラル成分で石鹸のように泡立つ湖があるらしい。

と、いうわけでワシントン州に急行しました。

独特の触感と匂い

ワシントン州最大の都市、シアトルと第二の都市スポケーンの中間付近にあるのが、ソープ・レイク。

先住民の時代から「癒しの水」で有名な湖です。

Welcome Sign

湖水には薬効があるとされ、1920年代頃には多くのサナトリウムなどが街に立ち並んでいたといいます。

そのうちのいくつかはホテル・スパとして現役で、そこでは施設の中で特徴的な水を楽しむことができます。

Notaras Lodge 1

現在、ソープ・レイク・ナチュラル・スパ&リゾートでは、歴史の異なる二つの宿泊施設が一体運営されているようです。

Notras Lodgeは、1983年創業の比較的新しい施設。

Notaras Lodge 2

チェックインは、全ての宿泊客がNotrasで行います。

広々とした造りの富裕層向けキャビンといった風情。

Inn At Soap Lake

私が泊まるのは、こちらのThe Inn at Soap Lake。

1905年に建てられた歴史的なホテルで、丸みを帯びた石を用いたユニークな外観をしています。

Interior

現在の運営からは、非常にビジネスライクな印象を受けます。

実際、貸会議室や結婚式など手広くやっているようです。

Bedroom 1

アメリカにしては小ぶりな客室。

狭いスペースに冷蔵庫、電子レンジなどが機能的に配置されています。

Bedroom 2

飾り気がなくてビジネスホテルみたい。

バスルームも同様で、ここに「癒しの水」が導水されているとは信じがたい殺風景さ。

Bathtub 2

壁面に設けられた二つのバルブのうち、下側を捻るとろ過された湖水が蛇口から出てきます。

温度調節が有効で、最も熱くすると殺菌のためか60℃近くまで加温されています。

Bathtub 1

湯は無色透明で一見平凡に見えますが、普通ではない泡立ちを見せています。

肌触りは、驚異的なニュルニュル。

口に含むと石鹸水のような不快な刺激が通り過ぎた後に、香り高いエビの匂い。

かぴばら
新感覚すぎる!
そもそも温泉なの?
あるぱか

謎が深すぎる湖

Courtyard 1

あまりの驚きでしばし興奮していましたが、うっかり肝心の湖に行くのを忘れていたのに気が付きました。

Courtyard 2

ホテルは湖畔に建っていて、プライベートビーチ付き。

Hot Tub 1

ビーチへと続く中庭に既製品のジャグジーが一つ、サウナが二つあります。

Hot Tub 2

ここでも例の水を使用しているようです。

Sauna

なぜ、ソープ・レイクが石鹸水さながらの強アルカリ性、pH値10を示しているか。

そのヒントは地図を眺めてみれば分かるかもしれません。

Beach House

ソープ・レイクから北東に向かって細長い湖が点在し、ドライ・フォールズ(枯れた滝)を通過、グランドクーリーダム辺りでコロンビア川に到達します。

その経路はミズーラ洪水の流路である、古代の河床といわれています。

Filter

ミズーラ洪水とは、氷河期の終わり13,000~15,000年前の約2,000年間でおよそ50年に1度起きたという、氷河湖の決壊に伴う大洪水です。

溶岩台地を膨大な量の流水が切り開き、火山性の物質が周期的に南方へ押し流されました。

Beach 3

ソープ・レイクは、そうしてできた地溝の南端に位置しており、それこそが当地にミネラル分が凝縮した理由だといいます。

Beach 1

あまりにスケールが大きすぎて眉唾物に聞こえるかもしれませんが、湖底に温泉が湧いているとか、そうした背景はなさそうです。

Beach 2

ちなみに湖面では一切の泡立ちが見られませんでした。

実際、グランドクーリーダムが建設されて以降は風の強い日しか泡立たないようです。

Swimming

それでも、湖水の肌触りは先ほどバスタブで感じたとおり。

強アルカリのため魚は生きられず、極小のエビだけが生息しています。

Shower

それがあの時感じたエビの匂い?

もう何が何だか分かりません、とりあえず行って体感してください。

まとめ

Soap Lake Natural Spa & Resort (the Inn at Soap Lake), ソープ・レイク, ワシントン州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    宿泊
  • ルール
    風呂付き客室、水着着用
  • 塩素消毒
    感知せず
  • 泉温
    湖水を加温

公式サイト

-ワシントン州
-, , ,