メキシコ

シャングリ・ラ・スパ(イスタパン・デ・ラ・サル) - メキシコの温泉

メキシコシティから日帰り旅行も可能な温泉地、イスタパン・デ・ラ・サルで最も高級路線の温浴施設が「シャングリ・ラ・スパ」です。

ちょっとした細工で源泉かけ流しも楽しめるローマ風呂が魅力です。

ホテル付属のスパ

イスタパン・デ・ラ・サルでの宿泊を考えた時、海外旅行者にとって最も堅実な選択肢はマリオット(Ixtapan de la Sal Marriott Hotel)です。

Signboard

次点となるのがHotel Ixtapan Spas & Resortでしょう。

Corridor1

このホテルにはマリオットと異なり、温泉を利用したスパが付属しています。

Exteroir1

スパは別の温浴施設(パルケ・アクアティコ)を挟んでホテルと反対側にあります。

あるぱか
こんなに立派な建物の必要はあるの…?
ないよ。
かぴばら

Exteroir2

様々なエステやマッサージに加えて、日帰り入浴も積極的に受け付けています。

Entrance

ローマ風呂(Tinas Romanas)と呼ばれる貸切風呂が、50分の利用で一部屋550ペソ。

円換算で3,000円ぐらいなので、メキシコの物価水準を考えると破格の高値といえます。

Waiting area

無機質で寒々しい廊下の両側に、計20の貸切風呂が並んでいます。

Corridor2

ローマ風呂へ潜入

個室のドアを開けると、ラグジュアリーな空間が広がっています。

Roman Bath1

浴室の手前に二台のマッサージ台があります。

別料金でマッサージを頼んだ場合、ここで施術が行われます。

Massage Bed1

重厚で豪華絢爛な雰囲気ながら、1955年創業だけあって随所に古めかしさがあります。

Clock

浴室からベッドを眺めます。

Massage Bed2

浅めの浴槽に貯められているのは39℃の黄土色の湯。

弱い金気臭があり、塩素消毒等はされていません。

Bubbling

壁のレバーを操作してジャグジーの作動を止めてみると、新しい湯の投入がないことが分かります。

Valve1

つまり、貯め湯を循環させていたに過ぎないということです…

浴室に入って左側の金属製の扉の向こうはトイレです。

Door1

相似形になっている右側の扉を開けると、掃除用具入れでした。

Door2

年代物のホースの裏を探った私は、黄色いバルブが源泉の元栓であることを突き止めました。

Valve2

こいつを捻ってやると、みるみる内に水面が上がってきます。

純然たるかけ流しです!

Roman Bath2

こうなってくると、スパっぽいヒーリングミュージックが邪魔になってきました。

スイッチを切って無音にすると、湯のあふれる音だけが浴室に響きます。

Switch

窓一つない閉鎖的な空間なのは難点ですが、ちょっとした細工で源泉かけ流しにできるのは好印象です。

Roman Bath2

メキシコの片田舎で薄汚れた掃除用具入れを開けていなかったら、私の人生はほんの少し違ったものになっていたかもしれません。

まとめ

Shangri-La Spa, イスタパン・デ・ラ・サル, メヒコ州, メキシコ

私の好み

  • 種類
    日帰り
  • ルール
    貸切
  • 消毒
    無し
  • 泉温
    ~39℃

公式サイト

-メキシコ
-, ,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす