ワイオミング州

サラトガ・ホットスプリングス・リゾート - アメリカの温泉

サラトガという地名を聞けば、アメリカ東部在住者ならニューヨーク近郊の有名なサラトガ温泉を思い出すかもしれません。

そこから3,000kmも西に位置するもう一つのサラトガ温泉は、ワイオミング州にあります。

ニューヨーク州にあやかって

かつて、周辺に居住するアメリカインディアンの複数の部族(シャイアン、ユート、アラパホ)のどれにも帰属しない共有地に湧くその温泉は、魔法の水と呼ばれていました。

1877年、白人入植者による最初の温浴施設が郵便局に付属する形で建設され、その場所が現在のサラトガ温泉リゾートの敷地になっています。

Entrance

アメリカの多くの温泉街同様、町の元々の名前は「ウォーム・スプリングス」で温泉そのものを意味していましたが、当時北米随一の繁栄を誇った保養地、ニューヨーク州のサラトガにあやかって同じ町名に変更されました。

サラトガ温泉リゾートは、幾度ものオーナーの交代と改良工事を経て、今日では上質なリゾートホテルとして人気を博しています。

Lobby

玄関を入った所のロビーは、木のぬくもりを感じる空間になっています。

アンティーク風の家具が好ましい雰囲気の客室にも、木の香りが広がっています。

Bedroom

温泉以外にめぼしい観光地のない地域にありますが、そのぶん滞在そのものを楽しめるように工夫されています。

ゴルフ場、スパ、ビール醸造所を備え、サラトガ・スプリングスに泊まるなら他に選択肢はないといっても過言ではない充実の施設です。

Restaurant

レストランの評価も高く、朝食にはエッグベネディクトを美味しくいただきました。

コロラド州デンバーから車で3時間半の片田舎で、洗練された食事を提供するものだと感心しました。

Egg Benedict

貸切風呂のアメリカインディアン的解釈

ノース・プラット川を挟んで反対側に、町営のホーボー温泉プールがあります。

それは無料であることが信じられない秀逸な温浴施設ですが、同じ泉質の湯がサラトガ温泉リゾートに引湯されています。

Large Pool

青々とした芝生が植えられた中庭に、大きな温泉プールが存在します。

長さ20mほどのプールは、36℃程度のぬる湯。

Small Pool

その横に38℃程度の湯をたたえる、だ円形の露天風呂が設けられています。

全ての浴槽は源泉かけ流しで消毒臭はありません。

スパ利用者を除いて日帰り入浴を受け付けていないので、混み合うことがなくゆっくりと時間が流れています。

だ円形の浴槽を挟んでプールの反対側はウッドデッキになっており、そこに円形の小浴槽が四つ設けられています。

これらは、ティピーと呼ばれるアメリカインディアンの伝統的な移動用住居を模した天幕で覆われています。

Tepees

その一つ一つが予約不要の貸切風呂になっていて、プライバシーを保ちながら外気も入り、良く考えられたアイデアといえます(ただし水着着用必須)。

浴槽が小さいので湯温は比較的高く、42℃前後でよく温まります。

Inside Tepee

源泉は浴槽の下部から投入され、水面付近に排水用の小穴があります。

難点は、排水部分が小さい構造上の問題から、ゴミ類が効率的に排出されていません。

あるぱか
ちょっと気になるね…
すくって流せばいいよ。
かぴばら

Bubbling

ガス成分を含む泉質のため、時折ボコッという音とともに、湯口から大きな気泡が飛び出します。

しかし、足元湧出のホーボー・プールでは顕著な硫化水素臭が、ここではほとんど感じられません。

Soaking

なるほど施設まで引湯される間に湯の鮮度が落ちてしまっているようですが、それはあくまでホーボー・プールと比較した場合の話。

泉質の観点では、冷鉱泉である本家のサラトガ温泉に勝るとも劣らない、優れた温泉といえるでしょう。

まとめ

Saratoga Hot Springs Resort, サラトガ, ワイオミング州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    宿泊、日帰り
  • ルール
    水着着用
  • 消毒
    無し
  • 泉温
    ~42℃

公式サイト

-ワイオミング州
-

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす