ネバダ州

ロジャース・スプリング - アメリカの温泉

米国最大級の人造湖、ミード湖周辺は、アメリカの国立公園の中でも五本指に入る人気のエリアです。

この公園内に多数湧く温泉のうち、最もアクセスしやすいのがロジャース・スプリングです。

一度沈んだゴーストタウン

レイク・ミード国立保養地で一番の見どころといえば、何といっても巨大な湖をせき止めているフーバーダムでしょう。

ボート、ジェットスキー、カヌー、釣りなどのウォーター・レジャーも盛んです。

Photo by Tydence Davis - Ice Cream Parlor (2018) / CC BY 2.0

ちょっと変わり種としては、北外れのセント・トーマスに足を延ばしてみてはいかが。

ダム建設に伴って1930年代に水没した町が、湖の水位が下がったことにより露出しています。

温泉は魚だらけ!

さして見るべきものはないと思われがちな公園の北側に、もう一つ、温泉ファンなら見逃せないスポットがあります。

Lake Mead

それがロジャース・スプリング。

ミード湖を眼下に望む丘の上に湧く温泉で、公園状に整備されています。

Roger Spring

駐車場から二つの東屋と池が見えます。

この池が、れっきとした温泉なのです。

Picnic Area 1

北東に位置する砂漠に降った雨が地熱で温められ、当地に湧き出ているとの案内板があります。

Signboard

ここは単に眺めるだけの場所ではなく、自由に泳ぐことができます。

特段のルールは明記されていませんが、家族連れも多いので水着着用が原則と思われます。

Naegleria Fowleri

鼻を温水につけるな、という警告が目に付きます。

「人食いアメーバ」として知られるフォーラー・ネグレリアが、池に生息しているためです。

鼻孔を通って脳へ侵入した場合、高い致死率で知られています。

Spectacle 2

と言っても、いたずらに恐れることはありません。

自然界の温水には、大抵どこにでも存在する種の微生物に過ぎません。

あるぱか
ずいぶん強気ね……
人はいつか死ぬよ。
かぴばら

Spectacle 1

泉源は、駐車場の反対側の丘に面した場所にあります。

Water Outlet

岩盤の下から、無色透明・無味無臭の源泉が激しく湧出し、水面に波紋を描いています。

泉温は年間を通じて30℃。

夏場の気温は優に40℃を超えるので、暑い季節にうれしい温泉です。

Picnic Area 2

深さは足が届くほどしかありませんが、驚くほど大量の小魚が泳いでいます。

アメーバさえいなければ、シュノーケリングを試すのですが……

Bridge 2

ピクニックテーブルが並んでいる辺りから、温水が流出しています。

Water Discharge

あふれた温泉は遊歩道の下をくぐり、湖まで流れていきます。

単一の泉源から湧出している割に、なかなかの流量。

Bridge 1

トロピカルな雰囲気の林で日差しが遮られて、ちょっとしたリゾートのような感じです。

ここで涼むと気持ちがいい!

Stream

ブルー・ポイント・スプリング

ロジャース・スプリングから車でわずか2分のところに、別の温泉が湧いています。

Blue Point Spring

それがブルー・ポイント・スプリング。

こちらも公園のように整備されていますが、より小規模です。

Trailhead

ヤシの木の生えている場所は湿地になっていますが、温泉らしい様子はありません。

水の出所を探してみることにしました。

Trail

ほんの数分、丘の方向へ歩くと、うっそうと生い茂った下草の中に、泉源らしき穴が見えます。

Waterhole 1

ここから流出した温水が、先ほどのヤシの木の辺りに滞留しているようです。

Water Gauge 1

白い流量計が設置されていました。

こんな小さな渓流も、国立公園にとっては管理すべき対象なのでしょう。

Waterhole 2

泉温29℃。

砂地のいたるところから、ぬるい源泉が緩やかに噴出しています。

Sandy Bottom

あまりにも浅すぎて、ここで入浴するのは断念しました。

まとめ

Rogers Springs, レイク・ミード国立保養地, ネバダ州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    野湯
  • ルール
    水着着用推奨
  • 塩素消毒
    無し
  • 泉温
    30℃(湧出点)

公式サイト

-ネバダ州
-, ,

© 2020 Ken@孤独の温泉