リバーベンド温泉, ニューメキシコ州

真実か結果か(Truth or Consequences)という珍しい名前の町は、アメリカ南西部屈指の温泉地として知られます。

1950年に、町おこしのため町名を人気ラジオ番組の名前に変えたといわれていますが、現在の街の雰囲気は寂れているといった方が適切です。

この町で最も人気の温泉宿を訪れます。

貸切風呂

テキサス州エルパソから北上すること2時間弱のドライブ。

Truth or Consequences

トゥルース・オア・コンシクエンシーズ(略称T or C)の静かな温泉街を通り抜けた突き当りに、リオ・グランデ川が流れています。

リバーベンド温泉はその川沿いに位置し、いつも人の出入りがあって人気の高さがうかがえます。

日帰り入浴を積極的に受け入れており、共同の露天風呂(水着着用必須)か貸切の半露天風呂(全裸可)を選択できます。

貸切の場合はシャワーや更衣を済ませ、指定の時間までこの場所で待機していると、係員に案内されます。

Waiting Area

貸切風呂は全部で七つ、四つがデラックスタイプ、三つがクラシックタイプに分類されています。

こちらがデラックスタイプの一つ、Zuniです。

Zuni

温度はややぬるめの40℃。

デラックスタイプは趣に欠ける樹脂製の浴槽で、私はこの点が好きになれませんでした。

Rio

こちらがクラシックタイプの一つ、Rioです。

42℃の適温の湯で、浴槽も石造りでしっかりしており、貸切風呂を選ぶならクラシックタイプが断然おすすめです。

共同風呂

Small Tub1

リバーベンド温泉の真の魅力は、共同の露天風呂にあります。

Small Tub2

温浴エリアはリオ・グランデ川に向かって大きく開けた立地で、リゾート感たっぷり。

Common Pool

広い敷地に38~42℃の様々な温度の浴槽が点在しています。

Riverside Pool1

多くの浴槽があるので、他の客と同じ湯に浸かって気兼ねすることもありません。

Riverside Pool1

川に面したプールの裏手には、ハンモックやサンベッド、更にはサウナがあり、くつろぎの空間が広がっています。

Hammock

長方形の浴槽が三つに区切られているのは、The Hot Minnow Bathsと呼ばれています。

この浴槽は、リバーベンド温泉の奇妙な歴史の生き証人です。

Hottest Tub1

もともと当地には、1900年代初頭から営業していた老舗の釣り具店がありました。

Hottest Tub2

1990年に温泉宿に業態を変えて以降、かつてコイ(Minnow)などの生餌を育てていた水槽は湯船に姿を変えて利用されています。

亀を模した湯口からは源泉が大量投入され、T or Cの決して特徴的とはいえない泉質の素性の良さがよく分かります。

Riverbend Hot Springs, トゥルース・オア・コンシクエンシーズ, ニューメキシコ州, アメリカ
評価[3/5]
日帰り入浴可 (8:00 – 22:00)
宿泊可 (Web予約可)
公式サイトあり

コメントを残す

Ken Springfield