アメリカ合衆国東部

ペンブローク・スプリングス・リトリート - アメリカの温泉

アメリカには日本の宿があります。

ここは日本文化を愛するアメリカ人のための場所であると同時に、アイデンティティを確認したくなった在米日本人のための場所でもあります。

日本風ペンション

ワシントンD.C.から1時間半のドライブ。

バージニア州に入ってしばらくすると、辺りはすっかり田舎。

ペンブローク温泉への道は、舗装すらされていません。

大丈夫、普通の車でも全く問題ありません。

Exterior

三角屋根が印象的なペンション風の建物が見えてきました。

この宿は趣味の延長で営業されているということで、普段は一週間の半分しか開いていません。

Slope

日本から移住された多恵子さんと、娘のリサさんが始めた日本の宿。

旦那さんのウォルターさんも日本在住歴が長く、息子さん含め、フロイド家総出の家族経営です。

Entrance

洋風の建物の中に、所狭しと並ぶ和風の小物。

Office

あるぱか
どうして安全ベストが置いてあるの…?
散歩中に、猟師に撃たれないためだよ。
かぴばら

客室数は5部屋で、価格帯は2つ。

今回は安い方のMaple Roomを選びました。

Maple Room 1

高い方の部屋はより和のテイストに溢れていますが、こちらは和洋折衷。

浴衣はどの部屋にも用意されています。

Yukata

見てください!

ペンブロークの湯と書かれた、旅情を誘うタオルが二つ。

Towel

これらが丁寧にセッティングされ、中心部に温泉マークが浮き上がっています。

ああ、これが日本の心。

Maple Room 2

何て無意味に見えて、繊細で、心動かされるのでしょう。

調度品だけでは表現できない日本の心がタオルに極まれり。

Maple Room 3

ささやかな畳マット以外、部屋にくつろぐスペースはありません。

Lobby

広々としたロビーを自由に使っていいので、ここで過ごす時間が長くなるかもしれません。

Lobby 2

テレビには日本の番組が映ります。

Balcony

バルコニーからの眺め。

階下の風呂場の窓を開け放っても、同じ風景が見られます。

Panorama

紅葉シーズンには、辺り一面燃えるように染まるようです。

加温循環の貸切風呂

2つある内風呂は、どちらも先着順の貸切制です。

Stairs

帳場に備え付けてあるメモに書いておけば、晩と翌朝、何度でも貸し切ることができます。

Restroom

まずはタイルの色が水色の浴室から。

家族で貸し切るには、かなり大振りの造りです。

Blue 3

ユニットバスにありそうな樹脂製の水栓を発見。

液体を触ってみると、え!?冷たい。

Blue 1

浴槽内の温度は40℃のぬるめ。

冷たい鉱泉が、浴槽内で加温循環されているというわけです。

Blue 2

日本ならではの洗い場があります。

波型の鏡、実用性はともかく、涙が出るほど日本を感じる一品です。

Brown 2

もう一つの浴室では、タイルの色が茶色です。

漁具がオブジェのように置いてあるのが目を引きます。

Fishing Gear

湯は幸い塩素消毒されていませんが、ほとんど白湯に感じられます。

日本の温泉法が規定する温泉ではないようですが、含有成分がタイルに付着し、湯の中に少量の析出物も見られます。

Brown 1

ウッドデッキに出て外の風に当たることもできます。

もっとも、州法の制限でぬるめの湯加減のため、のぼせることはないでしょう。

Terrace

私は加温湯の吐出口にぴったり寄って、暖を取りました。

日本の心がこもった朝食

Dining 1

翌朝の朝食は、ダイニングで日本食が食べられます。

なお、夕食も気まぐれで出してくれることがあって、宿泊の数日前に要否の確認があります。

Dining 2

調理場から漂う美味しそうな香り。

じゃーん!出てきました。

Japanese Breakfast

純和風とは言えないし、豪華さはありません。

でも、薄味、色彩の豊かさ、盛り付けの細かさ。

これが日本の心で、在米日本人が思い出したくなるアイデンティティの一つだと思います。

まとめ

Pembroke Springs Retreat, スター・タナリー, バージニア州, アメリカ

私の好み:

  • 種類:
    宿泊
  • ルール:
    貸切
  • 消毒:
    感知せず
  • 泉温:
    40℃(加温後)
  • 浴感:
    あっさり

公式サイト

-アメリカ合衆国東部
-,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす