カリフォルニア州

パソロブレス・イン - アメリカの温泉

上質な休日をお望みなら、カリフォルニアでワイナリー巡りなんてどうでしょう。

ついでに、風呂に入ることだってできるのです。

テイスティング!

カリフォルニア州を仮に一国家とみなした場合、イタリア、フランス、スペインに次いで世界第4位のワイン生産国に値します。

日本でもカリフォルニアワインは多く流通していますが、チリ産などと並び、新世界のワインとして歴史が浅く思われがち。

Underground at Justin Winery

Photo by kylesteed - Underground at Justin Winery (2012) / CC BY-NC 2.0

ところが実は、スペイン植民地であった18世紀に宣教師がブドウ畑を開墾したのが起源で、「新世界」と呼ぶにはあまりにも古いのです。

今日では、家族経営の小規模なものから世界的な大企業まで、2000軒近いワイナリーが州内に存在します。

信じられない改悪

Exterior

ロサンゼルスとサンフランシスコの間の地域はブドウ畑が集中する田園地帯で、アメリカ全土の中でも特に牧歌的で美しいといわれています。

パソ・ロブレス温泉インはそんなワインの一大産地にあるホテルで、宿泊者は温泉を楽しむことができました。

Bedroom

「できました」というのは、実は天然温泉の使用を止めてしまったのです…。

ベッドルームには地元のワイナリーをテーマとした装飾が施され、ここを拠点にワイナリー巡りに出発するにはピッタリの趣向。

Terrace

中庭に面した広いパティオに、既製品のジェットバスが置いてあります。

かつてはシカモア温泉に匹敵する名湯が配湯されていたはずの浴槽です。

Curtain Opened

せっかく部屋に風呂が付いているのなら、全裸で入浴したいもの。

中庭から丸見えになってしまうので、カーテンを閉じてやる必要があります。

Curtains Closed

一縷の望みをかけて45℃の湯を観察しましたが、どうみても白湯です。

本当にありがとうございました。

Slightly Greenish

聞くところによると、硫化水素の強烈な臭気が一般のゲストには不快と感じられたので、温泉井戸を封鎖したとのこと。

かぴばら
激おこぷんぷん丸だよ。
古いね…
あるぱか

Beautiful Garden

ワイン片手に優雅に過ごすのがピッタリな雰囲気の宿に、本物の温泉を求める変態は悲しいかな、私ぐらいしかいないのでしょう。

共有スペースのプールにも温水が注がれていますが、状態は最悪レベルで塩素消毒が強烈。

Common Pool

今日はワインを飲んでふて寝することにします。

まとめ

Paso Robles Inn, パソ・ロブレス, カリフォルニア州, アメリカ

私の好み:

  • 種類:
    宿泊
  • ルール:
    部屋風呂、水着着用
  • 消毒:
    有り
  • 泉温:
    水道水を加温

公式サイト

-カリフォルニア州
-

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす