コロラド州

マウント・プリンストン・ホットスプリングス・リゾート - アメリカの温泉

こういう素敵なホテルに、温泉ファンは期待してはいけません。

案の定、温泉プールは塩素バリバリ。

ただ、川原の足元湧出泉は秀逸でした。

広大なラグジュアリーホテル

真新しい雰囲気のマウント・プリンストン・ホットスプリングス・リゾート。

Front Desk 1

実は、1879年創業の老舗ラグジュアリーホテルなのです。

長い歴史の中で経営破綻して学校に転用されたりしながらも、現代的なリゾートホテルとして再生し今日に至ります。

Front Desk 2

サン・イサベル国立森林公園に囲まれた立地。

メインロッジの隣にはプリンストン・マーケットなるコンビニが併設されていて、ちょっとした買い物に便利です。

Princeton Market

温泉付きのゲストルームは無いので、最も安価なHillside Roomsを予約しました。

宿泊棟は森林内に点在しています。

Guestroom

ゲストルームの場所からメインロッジの方向を眺めると、このとおり。

かなり遠くて敷地内の移動にも車が必須です。

Snowy Day

ファミリー・リラクゼーション・プール

温泉は大きく分けて2つのエリアに存在します。

1つ目がHillside Roomsの近く斜面の中腹。

Water Slide 1

1960年代に建設されたプールで、400フィートもの長大ウォータースライダーは1980年代に増設。

ファミリー向けで、温泉らしい雰囲気はありません。

Water Slide 2

その真横に、2019年に新設されたファミリー・リラクゼーション・プールが、大人気の様子。

落ち着いた色調のインフィニティプールです。

Infinity Pool 1

適温の温泉が溢れてプールの外縁を覆っています。

残念ながらバリバリの塩素消毒なので、雰囲気重視の人以外にはキビしい。

Infinity Pool 2

ヒストリック・バスハウス

メインロッジのところまで戻ってきました。

Summer

この写真は夏に撮ったものですが、チョーク川沿いの2つ目の温浴エリアを見下ろしています。

あるぱか
時系列むちゃくちゃね…
入念な取材の結果だよ。
かぴばら

Bathhouse Entrance

バスハウスへの入口は、どういうわけか狭い。

1867年に建てられた古い建物の中に、更衣室やシャワールームなどが収まっています。

Historic Bathhouse 1

その横に、温度の異なる2つのプールが連なっています。

Historic Bathhouse 2

残念ながら、これらも塩素バリバリの温泉プールです。

宿泊者・スパ利用者限定

ここまでのプールは通常の日帰り入浴で立ち入れますが、宿泊者とスパ利用者だけが利用できるエリアがあります。

Bridge

チョーク川を橋で渡ります。

Spa & Club 2

かしこまった雰囲気になってきました。

Spa & Club 1

左手には、日本風と題された岩風呂が3つ並んでいます。

期せずして雪見風呂となり、とっても味わいがありますが、残念ながら塩素消毒が強烈。

Cascading Hot Springs

右手にはリラクゼーション・プール。

Relaxation Pool 2

もはや言うまでもなく、湯使いには期待できません。

Relaxation Pool 1

クリークサイド・ホットスプリングス

なんだこれ、温泉的に全然ダメじゃん…と落胆するのはまだ早い。

Creekside Hot Springs 2

日帰り入浴可能エリアにいったん戻り、ヒストリック・バスハウス沿いの護岸をご覧ください。

湯気が上がっています。

Creekside Hot Springs 1

チョーク川の川底から自噴する60℃ものアツアツの源泉を利用して、自分だけの露天風呂を作ることができるのです。

当然のことながら未消毒で、川の水による自然の加水だけとなります。

Creek 3

無味無臭の単純泉。

うまく加水してやらないと火傷するほど熱いです。

Creek 2

コンクリートの護岸に追いやられたような場所に、マウント・プリンストンの魅力を発見しました。

まとめ

Mount Princeton Hot Springs Resort, ナスロップ, コロラド州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    日帰り、宿泊
  • ルール
    水着着用
  • 消毒
    有: プール、無: 川原
  • 泉温
    60℃(湧出点)

公式サイト

-コロラド州
-, ,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす