ニューメキシコ州

モンテスマ・ホットスプリングス - アメリカの温泉

アメリカにかつて存在した巨大鉄道会社、アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道の謎多き遺構。

鉄道会社が運営していた温泉ホテルは廃業しましたが、源泉は今なお自噴しています。

山中に残された建築物

ラスベガスと言っても、カジノで有名なネバダ州ラスベガスではありません。

今や知る人ぞ知るニューメキシコ州のラスベガスは、19世紀のアメリカ南西部で、最も繁栄した都市の一つでした。

Ruin 1

その栄光を確かなものにしたのが、現在のBNSF鉄道の前身であるアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道の開通です。

サンタフェ鉄道は「ラスベガス温泉」なるリゾートホテルを郊外に建設し、観光客を当て込みました。

驚いたことに、このホテルには昭和天皇が宿泊した記録があるようです。

Montezuma Castle

ホテルの廃業後、紆余曲折を経て、モンテスマ城として知られる建物はユナイテッド・ワールド・カレッジ(NPOの教育機関)の校舎へ転用されています。

それ以外の構造物はそのまま山中に残され、朽ちるがままになっています。

三つの温浴エリア

West Entrance

ギャリナス川を挟んでモンテスマ城と反対側に、泉源が現存しています。

大きく分けて三つのエリアに分散しており、まずは最も発見しやすい上流側から見てみましょう。

Small Tub 1

ガードレールが途切れているところから、川原に向かって少し降りたところに温泉が存在します。

奇妙なT字型の浴槽。

Small Tub 2

浅くて入浴には適しません。

源泉は無色透明で取り立てて臭気もありませんが、積年の析出物がこびり付いています。

The West Pools

木柵に囲われている部分に、三つの浴槽が階段状に設置されています。

最上部に位置する円形の浴槽では、モンテスマ温泉で最も熱い湯を楽しむことができます。

Lobster Pool 1

その泉温、50℃のアツアツ。

底に足が届かないほど深い立ち湯です。

あるぱか
ちょっと恐いかも…
それがいいんだよ。
かぴばら

Lobster Pool 2

浴槽内に梯子が設置されています。

土管の内部にいるような感覚で、景色は望めません。

From the West Pools 2

溢れた湯はそのまま第二、第三の浴槽に流れていきます。

湧出量がやや不足しており、これら二つの浴槽では湯がなまっているようです。

From the West Pools 1

私は何といっても、最初の土管型の浴槽が気に入りました。

身体の芯から温まる野湯は、アメリカでは貴重です。

The Center Pools 1

川を少し下ったところに、もう一つの温浴エリアがあります。

一人用の小浴槽が二つ。

The Center Pools 2

何を思ってこんなに頑丈な造りにしたのか、コンクリートで強固に築かれた構造物。

溢れた湯は、マス釣りで有名なギャリナス川に注ぎ込みます。

The Center Pools 3

最も下流側のエリアには、三つの岩風呂が草むらに点在しています。

The East Pools 1

この地点からモンテスマ城に向かって轍が続いています。

The East Pools 3

道なき道をたどっていくと、意味ありげな長方形の浴槽が空の状態で放置されていました。

昭和天皇が温泉を楽しんだとしたら、どの場所だったのでしょう?

Ruin 2

川に突き当たった所で、進入禁止の立て札。

ここから先はユナイテッド・ワールド・カレッジの私有地です。

Do Not Enter

岩風呂に戻ってきました。

源泉は泥の堆積した底面から自噴し、浴槽毎に温度が異なります。

The East Pools 2

ラスベガスの市街地からアクセスしやすい立地とあって、地元民の集会所として親しまれているようです。

静かな湯浴みが希望であれば、早朝の訪問がおすすめです。

The East Pools 4

サンタフェ鉄道の威信をかけた温泉リゾートは、朽ちてなお、謎めいた存在感を示していました。

まとめ

Montezuma Hot Springs, モンテスマ, ニューメキシコ州, アメリカ

私の好み:

  • 種類:
    野湯
  • ルール:
    水着着用
  • 消毒:
    無し
  • 泉温:
    ~約50℃

-ニューメキシコ州
-,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす