カリフォルニア州

マーシー・ホットスプリングス - アメリカの温泉

カリフォルニア州サンノゼ近郊で湯の良い温泉といえば、マーシー温泉は外せません。

露天風呂も内風呂も一人用の小さなバスタブになっているので、新鮮なままの源泉を楽しむことができます。

カサ・デ・フルータ

サンノゼのダウンタウンからマーシー温泉まで、車で2時間もかかりません。

その中間地点にあって休憩処にちょうどいいのが、Casa de Fruta。

日本の道の駅のような感じで、地産地消の野菜、果物、ナッツ類が所狭しと並び、ワインのテイスティングもできます。

素朴なキャビン

州間高速道路5号線を離れ、荒涼とした砂漠にオアシスが見えてきたと思ったら、それがマーシー温泉。

太平洋プレートと北アメリカプレートの境界をなす、サンアンドレアス断層が近くを走っています。

もともとアメリカ・インディアンには知られていた当温泉が、初めて歴史に登場するのが1848年。

西部開拓時代には「ファイブ・ホアキンズ・ギャング」という名の、無法者の拠点であったといいます。

1912年、John N. Merciなる人物がサンフランシスコの不動産業者に土地を売却した後、温泉リゾートが建設されました。

建物のいくつかは当時のまま残っており、リノベーションされながら使用されています。

あるぱか
ぼろぼろね…
それがいいんだよ。
かぴばら

温泉には、キャンプサイトと宿泊用のキャビンが併設されています。

私が泊まったキャビンはこんな感じで、ベッドがぎりぎり一つ収まっているだけの質素なもの。

そもそも電気すら通っていない地域で、太陽光発電で自給自足しているので、贅沢は言っていられません。

まずは、Clothing Required(水着着用必須)エリアを見てみましょう。

入ってすぐのところに見えるのが、スイミングプールです。

温泉水は使用していないのか、特徴の感じられないぬるま湯。

塩素消毒の臭いもあって、温泉ファンにはおすすめできません。

プールの脇にあるのがサウナ棟です。

これだけだったら、アメリカにありがちなスパといったところですが、マーシー温泉の真価は個人用バスタブにあります。

バスタブだらけ

プールから一段高くなったスペースに、多くのパラソルが立っています。

パラソルの下に、一人用の小さな浴槽が並んでいます。

蛇口を捻ると、赤いホースから源泉、青いホースからは冷水が出てきます。

源泉は無色透明ですが、硫化水素臭がふわっと立ち昇り、名湯の予感。

どんなに湯が良くても、水着を着て温泉に入るなんて風情に欠ける、と言う方にはClothing Optional(全裸可)の混浴エリアがおすすめ。

こちらはキャビンの裏手で柵に囲まれた、ウッドデッキの上にあります。

混浴とはいえ個人用バスタブに分かれているので、さほど気兼ねすることはありません。

源泉温度は湧出点で48℃。

年代物のタブが満たされる頃には熱めの適温になっていますが、湯加減以上に温まる印象です。

塩分を多く含有する、いわゆる「熱の湯」といえます。

真夏の気温は40℃近くまで上昇するので、暑い時期を避けて訪問した方がよいでしょう。

一方、砂漠の夜は急激に温度が下がり、星空を眺めながらの湯浴みはとても快適。

宿泊者は、時間を指定して貸切内風呂を利用できます(追加料金不要)。

崩れ落ちそうなまでに歴史的な湯小屋…

二つある浴室の前の床には、トカゲを模した美しい紋様があります。

こちらのタイル張りの浴室は、最近リノベーションされたようで、真新しい木の香りがします。

もう一つの浴室は、湯口付近が岩垣状になっていて、ちょっと日本の温泉旅館のような風情を感じます。

見てください!浴室のベンチの施された精巧な装飾。

先ほどのトカゲの紋様といい、今でこそひなびた温泉キャンプ場といった雰囲気ですが、かつてはそこそこ、高級な温泉リゾートであったことがしのばれます。

水面付近にパイプが突き出ていて、掛け流しにしたままでもタブから上手く排出されます。

優れた泉質を、小さな浴槽で楽しむ、温泉ファンには至福のひとときです。

まとめ

Mercey Hot Springs, ファイアボー, カリフォルニア州, アメリカ

私の好み:

  • 種類:
    日帰り、宿泊
  • ルール:
    水着着用、混浴全裸可、貸切
  • 消毒:
    感知せず
  • 泉温:
    48℃(加水前)

公式サイト

-カリフォルニア州
-, , ,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす