メドウ温泉, ユタ州

火山噴火に伴う溶岩流は、溶岩チューブを形成することがあります。

粘性の低い溶岩の場合、空気に触れて冷却された部分が固まり、中央部分は流出して空洞化します。

そうして作られた溶岩チューブに、温泉が湧いています。

メドウ・ラバ・チューブ

ユタ州ソルトレイクシティとネバダ州ラスベガスのちょうど中間に、Black Rock Desert Volcanic Fieldと呼ばれる火山帯があります。

火山らしい山体を成しているわけではなく、緩やかに傾斜した岩がちな地形があるだけで、粘性の低い溶岩によって形成された盾状火山と呼ばれます。

INSIDE THE 2ND LAVA TUBE

Photo by Bryant Olsen – INSIDE THE 2ND LAVA TUBE (2008) / CC BY-NC 2.0

このように柔らかい玄武岩質の溶岩は溶岩チューブを形成することが多く、またその洞窟はもろく浸食に弱いことから、地質学的に新しい火山であることが分かります。

この地域での噴火も西暦1300年前後と推定され、地球の長い歴史からすればごく最近の出来事と言えましょう。

メドウ温泉

メドウ・ラバ・チューブと呼ばれる巨大な溶岩チューブから未舗装路を30分ほどドライブすると、だだっ広い牧草地に駐車場が現れます。

Muddy Road1

徒歩圏内に三つの泉源があり、私有地ながら地主の厚意により一般に開放されています。

Muddy Road2

道中はぬかるみ、靴を汚しながら徐々に温泉への期待が弱まります。

こんなところに温泉があるのか?と勘ぐっていると、露天風呂が出現。

The First Pool

泉温は約35℃のぬる湯で、最深部の深さは6mほど。

牧草地に直接温泉がたまっているわけではなく、溶岩チューブによって自然にできた岩場に温泉が湧出しているため、泥水が混入することなく高い透明度が維持されています。

The Second Pool

多くの先客がいたため、私はもう一つ奥の露天風呂に入浴することにしました。

Water Surface1

こちらはひょうたん形のプールで、先ほどよりやや泉温が低く、透明度はより高く感じられます。

Crystal Clear1

ロッキー山脈とシエラネバダ山脈に挟まれたこの地域はグレート・ベースンと呼ばれる盆地で、ここから海洋へ流れ込む川は一つとしてありません。

Crystal Clear2

降り注いだ雨は蒸発するか地中に染み込み、後者の一部は溶岩チューブを通して再び地上に現れます。

Water Surface2

約700年前に不思議な地形を作り出したマグマの熱が、今なお露天風呂の湯を温め続けています。

Meadow Hot Spring, メドウ, ユタ州, アメリカ
私の好み [2/5]
日帰り入浴
宿泊 不可
公式サイト なし

コメントを残す


Ken Springfield