ラ・パロマ・トゥー温泉, ニューメキシコ州

足元湧出の温泉を見つけるのは、容易なことではありません。

通常、湧出する温泉の真上に浴槽を設けるためには、源泉一つにつき一つの浴槽しか作ることができないため、その数は限られます。

ところがアメリカ南西部屈指の温泉街、トゥルース・オア・コンシクエンシーズは、足元湧出泉だらけなのです。

パッション・パイ・カフェ

Passion Pie Cafe2

温泉に入る前に、トゥルース・オア・コンシクエンシーズでおすすめの食事処をご紹介します。

Passion Pie Cafe3

Passion Pie Cafeは、地元の人でにぎわう小さなカフェです。

Passion Pie Cafe1

ここの名物はキッシュです。

フワフワで繊細な食感は、アメリカの外食は大味という固定観念を覆してくれます。

Quiche

ラ・パロマ・トゥー温泉

今回入湯するのは、最近までHay-Yo-Kay Hot Springsという別の名前で営業していた日帰り入浴専門施設です。

Entrance

La Paloma Too(こっちもラ・パロマ)という施設名の通り、すぐ隣の温泉宿であるラ・パロマ温泉スパと同じオーナーの経営に代わっています。

Exterior

足元湧出泉にありがちな構造で、建物は道路より一段低い位置にあります。

Ditch

入浴料金は30分7ドル、1時間12ドルと本家の宿の日帰り入浴同様。

Paying Counter

足元に温泉が流れている受付で支払いを済ませると、どの浴槽に入りたいか質問されます。

貸切風呂は全て足元湧出の内風呂で、計7つもあります。

Today's Temperature

本家と同じく「本日の泉温」がホワイトボードに掲示され、温度は宿より熱めの設定で38~44℃程度。

浴槽のサイズや深さが微妙に異なるため、温度にばらつきが生じています。

Corridor

両側に浴室の並ぶ細い廊下を通り抜けます。

こちらは最も大きい浴槽で、深さは90センチメートルほど。

Large Tub

浴室の造りは本家のラ・パロマ温泉スパと似た作りで、本家より古めかしく素朴な印象です。

Middle Tub

こちらは中程度の浴槽で、深さは80センチメートルほど。

Small Tub 1

こちらは最も小さい浴槽で、深さは70センチメートルほどです。

小さい浴槽ほど熱い湯を楽しめる傾向にありますが、場所により湧出量が違うので、そうとも言い切れないところが面白いです。

Small Tub 2

湯上りには、裏口を出たところにあるパティオで涼むのがよいでしょう。

Patio

トゥルース・オア・コンシクエンシーズまで来て、足元湧出泉に入らないのはもったいなさすぎます。

地熱由来の津波の如く圧倒的な温まり感、湯の鮮度の高さは、この温泉街のあっさりとした泉質だからこそ際立ちます。

La Paloma Too,トゥルース・オア・コンシクエンシーズ, ニューメキシコ州, アメリカ
私の好み [4/5]
日帰り入浴 可 (日 – 木曜 14:00 – 20:00、金 – 土曜 14:00 – 22:00)
宿泊 不可
公式サイト なし

コメントを残す


Ken Springfield