イスタパン・デ・ラ・サル温泉(パルケ・アクアティコ), メキシコ

温泉大好きメキシコ人にとって、「温泉」は家族みんなで楽しめるウォーターパーク、というイメージが強いようです。

ラテンアメリカ最大級の温泉テーマパークを訪れます。

波立つ内風呂

メキシコシティからのアクセスも良いイスタパン・デ・ラ・サルが、もっぱらChilango(=メキシコシティの住民)の保養地という地位を甘んじて受け入れているのは、不思議なことです。

徒歩圏内に三つの温浴施設が並び立つ温泉街は、観光スポットとしてもっと知られてもいいように思います。

Exterior

メキシコの温泉テーマパークといえば秘境グルータス・トラントンゴを推したいところですが、パルケ・アクアティコ・イスタパンは規模で優っています。

広大な敷地内には遊覧鉄道まであり、ラテンアメリカ最大級の触れ込みも、むべなるかなという感じ。

Reception Counter

施設は、ウォータースライダーを備えた遊園地ゾーン(平日125ペソ、土日200ペソ)と、温浴ゾーン(85ペソ、遊園地とも利用の場合30ペソ)に分かれています。

今回は1939年創業の、歴史的な温浴ゾーンに入場します。

Entrance

日中はごった返すことが分かっていたので、9時開場ぴったりに並ぶも、入れず。

そうこうしているうちに、寝坊の係員が9時20分に出社。

頼むよ、メキシコ人!

Entrance Hall

セントロにあるバルネアリオ・ムニシパルと異なり、こちらは幹線道路を挟んで位置しているためか、地元民の利用はさほど多くないようです。

古めかしくも堂々とした建築。

For Drinking

ロビーには飲泉所があり、金気臭の強い源泉を味わうことができます。

突き当り右側にはシャングリ・ラ・スパへの通用口があるので、貸切風呂に入りたくなったら追加料金で入場できます。

Shangri-La Spa

突き当り奥が、遊園地ゾーンへの入口。

Gate to the Park

温泉プールは内風呂が一つ、露天風呂が一つの構成です。

内風呂の室内には湯気が充満しています。

Door to Indoor Pool

湯加減は40℃程度のぬるめですが、主浴槽がバイブラバスで水面が波立ち、それで湯気が生じているようです。

壁の両側にはロッカールーム(有料)が並んでいて、ここで水着に着替え、貴重品を置きます。

Indoor Pool 1

貝を模した覆いの下から、激しくエアーが送り込まれています。

このため温泉に含まれる鉄分の酸化が進み、茶褐色が鮮やかに表れています。

Bubbling

主浴槽の深さは大人の腰上まで。

浅い寝湯は底面が傾斜しています。

Indoor Pool 2

メキシコでは法規制が緩いことが幸いして、塩素(カルキ)消毒をしている様子がなく、温泉そのものの香りを楽しめます。

しかし、新湯の投入量が判然とせず、今回は一番風呂なので良いものの、芋を洗うような混雑だったら衛生面で不安になるかもしれません。

Soaking 1

緑が映える露天風呂

露天風呂はいかにもプールといった形状をしていますが、林に面していて趣があります。

Outdoor Pool 1

落ち葉を入りにくくする工夫でしょうか、樹木側には白い幕が張られています。

Outdoor Pool 2

屋外ではロッカーが二階建てになっています。

浴槽から視認できる位置にロッカーを設けているのは、盗難防止のための工夫でしょう。

Dressing Rooms

個人的にバイブラバスは騒々しくて苦手なので、露天風呂で過ごすことにしました。

Outdoor Pool 3

外気に晒されて38℃ほどのぬるい湯に浸かり、穏やかな一日の始まりを感じます。

塩分を多く含む泉質のため、体の芯からぽかぽかと温まります。

Soaking 2

寝坊のメキシコ人たちがちらほら現れ、にぎやかになってきました。

一番風呂は満喫したので、そろそろ退散することにしましょう。

Parque Acuático Ixtapan, イスタパン・デ・ラ・サル, メヒコ州, メキシコ
私の好み[2/5]
日帰り入浴可 (9:00 – 17:30)
宿泊不可
公式サイトあり

コメントを残す


Ken Springfield