インディアン温泉バスハウス, ニューメキシコ州

トゥルース・オア・コンシクエンシーズ温泉郷の数ある温浴施設の中で、私が最も高く評価したいのがインディアン温泉浴場です。

貸切の内風呂が二つしかない小さな温泉宿ですが、「湯小屋」という言葉がぴったりの粗末で寂しい佇まいが、むしろ精神的な豊かさを感じさせます。

大風呂

1930年代創業の老舗モーテル、Langford Tourist Courtsがインディアン温泉浴場に名前を変えて、細々と営業を続けています。

Exterior

宿泊客は一回30分の入浴が一日二回無料になります。

もっとも、日帰りでも30分当たり一人4ドルで入浴できます。

Office

古めかしい宿泊棟の向かいに事務所があります。

駐車場に車を止めると主人がおもむろに現れ、料金はキャッシュのみ受け付けます。

Two Bathrooms

敷地への入り口を挟んで事務所の横に、二つの貸切風呂があります。

左側が大きく、右側が小さい風呂になっています。

Door to Large Bath

まずは大風呂から入浴してみましょう。

どちらの浴室も足元湧出のため、地下に降りる構造になっています。

Large Bath1

壁の下半分はレンガ、上半分は木造の空間が脱衣所です。

粗末な木のベンチの奥に、四人は入れそうな浴槽があります。

Large Bath2

温度は41℃のぬる湯。

極めて透明度の高い源泉が、玉砂利敷きの足元からふつふつと湧き上がっています。

Large Bath1

この浴室の枯れた雰囲気の魅力に、私は完全にノックアウトされてしまいました。

日本のどこぞの湯治場に迷い込んだかのようです…

小風呂

Door of Small Bath

さて、小風呂は二人向けの小さな浴槽のために、温度は43℃程度の適温になっています。

冬場はこちらを選択しないと辛いかもしれません。

Switch

小風呂の方は足元湧出の量が少ないと思われます。

そのため、脱衣所入り口の壁にあるスイッチを操作して、人工的にくみ上げる機構が備わっています。

Pump

日曜大工のように設置してある木箱の中身がポンプですが、稼働させると相当な騒音がします。

十分に湯を投入した後は、スイッチを切っておいた方がよいでしょう。

Small Bath1

狭い階段を下りて、湯の中に徐々に身体を沈めます。

大風呂と異なり、こちらは木製の浴槽により温かみが感じられます。

Small Bath2

向かって正面、水面下にある細いパイプが湯口です。

ポンプを稼働させると、ジェットバスというほどではありませんが、強い水流で源泉が投入されます。

Water Outlet

インディアン温泉浴場の全てであるわずか二つの貸切風呂の、あらゆる虚飾を排したような空間は、心の底から身体を温めてくれます。

Indian Springs Bath House,トゥルース・オア・コンシクエンシーズ, ニューメキシコ州, アメリカ
私の好み [4/5]
日帰り入浴 可 (8:00 – 21:00)
宿泊
公式サイト なし

コメントを残す


Ken Springfield