コロラド州

インディアン・ホットスプリングス(コロラド州) - アメリカの温泉

ハイテク産業の集積する巨大都市、デンバーの始まりは、ゴールドラッシュ時代の鉱山街だそうです。

当時の様子を思わせる洞窟の中で、アツアツの温泉に浸かってきました。

古めかしい健康ランド

摩天楼が建ち並ぶダウンタウンから、西へ車でわずか40分。

19世紀中頃、カリフォルニア州でのゴールドラッシュの中継地点に過ぎなかったこの地域に金鉱が見つかり、デンバーの繁栄を確実にした場所の一つ、「アイダホ・スプリングス」があります。

Exterior

アイダホ州ではなくコロラド州にある、アイダホ・スプリングスの歴史的な温泉宿が、インディアン温泉です。

1863年、金を掘り当てようと掘削したところ大量の温泉が噴出したので、代わりに公衆浴場を作ったのが最初といわれています。

Roof

建物は古めかしく、ホテル、屋内プール、貸切内風呂、貸切露天風呂、泥風呂、洞窟風呂で構成される健康ランド風。

都市部からのアクセスが良く、大繁盛のようです。

Lobby

屋内プールと貸切内風呂

まずは、屋内プールへ向かいます。

採光式の屋根の下に、熱帯植物が繁茂しています。

mineral-water-swimming-pool 1

ああ、この趣向を日本では「ジャングル風呂」と呼び、徐々に姿を消しつつある昭和の風情なのであります(興奮)。

あるぱか
なにこの人……
温泉マニアだよ。
かぴばら

mineral-water-swimming-pool 2

男女共用で、水着着用必須。

巨大プールには温泉が使用されて38℃程度のぬる湯に保たれているものの、塩素消毒がされています。

mineral-water-swimming-pool 3

一方、貸切内風呂では塩素消毒こそありませんが、やや面白みに欠ける感じ。

Indoor Private Baths

洞窟風呂に行かずして、インディアン温泉の魅力を語ることはできません。

洞窟の中の蒸し風呂

Changing Room

洞窟風呂は男女別になっていて、Clothing Optionalです。

常連客らしき人はみな全裸で振舞っていました。

It Is Illegal

薄暗くて感じが良いとは言えない脱衣室のあちこちに、薬物使用禁止の張り紙があります。

何だか気味が悪くなってきました。

Door

素掘りのトンネルを奥へ進むと、白い扉があります。

この向こうが洞窟風呂で、高温多湿のサウナ状態の中に三つの浴槽があります。

Geo-Thermal Caves 1

内部は細長く、坑道の雰囲気です。

一番手前のT字型の浴槽には、約46℃の源泉が掛け流し。

Geo-Thermal Caves 2

常軌を逸した激アツの浴槽は、アメリカの温浴施設では非常に珍しい。

天井付近を這う塩ビのパイプから、源泉が投下されています。

Geo-Thermal Caves 3

洞窟の中央付近には正方形の浴槽があって、内部で二つに分割されています。

それを挟むように、横たわれるベンチが二つ。

Geo-Thermal Caves 4

44℃の絶妙の湯加減です。

うっすら笹濁りの湯はさほど濃厚という感じはしませんが、浴槽のまわりに温泉成分がべったり析出して秘湯感があります。

Geo-Thermal Caves 5

洞窟は左手に直角に曲がって続きますが、立入可能なのはここまで。

暗闇の奥から女湯の音が聞こえています。

Geo-Thermal Caves 6

階段状に深くなっている長方形の浴槽に、42℃の湯が溜められています。

空間そのものが高温で長居できないので、脱衣所で休憩してから坑内に戻るのを繰り返すうちに、やめられない快感になってきました。

Geo-Thermal Caves 7

デンバーに住んでいて寒い夜には、車をかっ飛ばして再訪してしまいそうな、中毒性のある洞窟風呂でした。

まとめ

Indian Hot Springs, アイダホ・スプリングス, コロラド州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    日帰り、宿泊
  • ルール
    水着着用、男女別、貸切
  • 消毒
    感知せず
  • 泉温
    ~46℃

公式サイト

-コロラド州
-, , ,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす