コロラド州

ホット・サルファー・スプリングス・リゾート&スパ - アメリカの温泉

アメリカで乳白色のにごり湯を求めるなら、自然とコロラド州にたどり着きます。

ホット・サルファー温泉は、日帰り入浴でもその名湯を堪能できる温泉宿です。

ホット・サルファー温泉の歴史

州都デンバーから北西へ2時間のドライブで、山間の小さな町、ホット・サルファー・スプリングスに到着。

19世紀まで、アメリカ・インディアンのユート族が、療養目的で温泉を利用する場所だったといいます。

Exterior

1863年、地元紙ロッキー・マウンテン・ニュースの創始者が、インディアンのスー族から泉源を購入。

本来の所有者であるユート族ではなくスー族から購入した疑惑の取引であり、軍隊まで出動する大事件に発展したようです。

あるぱか
ひどい話ね…
アメリカの歴史ではよくあることだよ。
かぴばら

Lobby

ちなみにロッキー・マウンテン・ニュースは2009年に廃刊となりましたが、温泉リゾートは変わらず営業しています。

貸切風呂に注がれる白濁の硫黄泉

貸切風呂からのぞいてみましょう。

Private Bath 1

二つある貸切風呂はどちらも内風呂で、左右対称の構造をしています。

余裕のある造りの脱衣室を抜けたところに、浴室があります。

Private Bath 2

真ん中に太い柱があるL字型の形状。

三人サイズの小さな浴槽に、神秘的な色に輝く、にごり湯が注がれています。

Private Bath 3

こうした白濁の硫黄泉はコロラド州に比較的多く、パゴサ温泉でも見られます。

露天エリアでは水着着用が必須なので、全裸で入浴するのなら貸切風呂が選択肢に入ります。

露天エリアに広がる浴槽の数々

Train

大きな汽笛に驚かされます。

敷地のすぐそばが線路で、長大な貨物列車が行き交っています。

Lower Deck 1

その度に大音響で汽笛を鳴らすので、旅情を誘うなんてものではありません。

宿泊する際には耳栓を持参してください。

そうでないと、深夜に叩き起こされることになります。

Lower Indoor Bath

24もの浴槽・プールが、丘の下のそんなに広くないエリアに密集しています。

From Indoor Bath

湧出点の泉温は52℃。

Duck Pool

泉源は丘の上の方にあって、基本的には上に行くほどあつ湯、下へ行くほどぬる湯の設定になっています。

Lower Deck 2

一番低い場所にあるこの辺りは、37℃程度の湯加減。

Lower Deck 3

湧出してから冷却が進むまでの成分変化があり、青みが強く表れています。

Cliff

ここから丘を徐々に登っていきます。

更衣室と内風呂がセットになった建物が、敷地の真ん中にあります。

Opposite Side

広々とした内風呂には、浴槽が二つあります。

Upper Indoor Bath 1

泉源が複数あるのか?内風呂の湯は泉質が少し異なるように感じました。

黒みがかって見えるのは、光の加減だけが理由ではないと思います。

Upper Indoor Bath 2

宿泊棟の屋根に面したところまで、露天エリアは拡張を重ねたような風に広がっています。

Upper Deck 3

既製品のポリ浴槽もあり。

Upper Deck 1

またあるものは、貸切風呂状の間仕切りで囲われています。

Upper Deck 2

斜面がえぐられたような凹みに、ホット・サルファー温泉の象徴的な存在であるユート・プールがあります。

一度見たら忘れられない壮観!

Cave 2

自然の地形を活かし、野湯の雰囲気さえ漂っています。

Cave 3

一番高い場所にあるこの辺りでは、源泉は明らかに透明。

消しゴムのカスのような湯の花が舞っています。

Clear Water 2

温度は44℃程度で、体の芯から温まります。

この源泉は湧いたばかりだから白濁していないのか、そもそも泉源が異なるのか、判然としません。

Clear Water 1

事実はともかく、この透明なあつ湯に私はすっかり魅せられてしまいました。

強いアブラ臭と硫化水素臭が混じっていて、本当にいい湯だ!

Clear Water 3

まとめ

Hot Sulphur Springs Resort & Spa, ホット・サルファー・スプリングス, コロラド州, アメリカ

私の好み:

  • 種類:
    日帰り、宿泊
  • ルール:
    水着着用、貸切
  • 消毒:
    感知せず
  • 泉温:
    ~44℃
  • 浴感:
    こってり

-コロラド州
-, , ,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす