ホーム・ホテル・ラバ温泉, アイダホ州

アイダホ州の南端、ユタ州の州都ソルトレイクシティからの方が近く、車で2時間のところにある温泉街。

ラバ・ホットスプリングスのアツアツの湯を、客室風呂でいただきます。

町そのものがウォーターパーク

人口400人程度の小さな町、ラバ・ホットスプリングスには、狭いエリアに魅力がぎゅっとつまっています。

Swimming Pool

市街地へと向かう道は、大がかりなウォータースライダーをくぐります。

町そのものがウォーターパークといって過言ではないラバ・ホットスプリグスは、「チュービング」も盛んです。

Rafting

チュービングとはトラックのタイヤを使って川下りを楽しむリバー・アクティビティで、町を貫通するポルネフ川が絶好の急流になっています。

そうは言ってもやはり、アツアツの温泉こそが町の最大の魅力でしょう!

歴史を感じる温泉宿

Exterior 1

1918年創業のホーム・ホテルは、温泉街の長い歴史とともに歩んできて、それはレンガ造りの壁面に現れています。

Exterior 2

かつてこの町で最も大きい建造物の一つであった当ホテルは、古めかしくも良好な状態で現存しています。

Motel

1970年代にはホテルの東側にモーテル棟が増築されました。

Office

モーテル側にある客室にのみ温泉が引湯されているので、予約時には注意してください。

105号室にはクイーンベッドが二つ。

Bedroom

冷蔵庫、電子レンジを完備しており、充実の設備です。

Refrigerator

浴室部分は近年リノベーションされたらしく、灰色のタイルにはまだ真新しさが残っています。

Indoor Tub 1

浴槽は樹脂製の既製品で、二人がゆったりと入れる横幅があります。

源泉を注ぐと激しく湯気が立つので、浴室に窓があるのはうれしい構造です。

Indoor Tub 2

湧出点で63℃もの高い泉温を誇るラバ・ホットスプリングスの湯を、加水することなくダイレクトに浴槽に溜めることが可能。

あり得ないほど熱いのでやむなく加水するわけですが、あっさりとした浴感に仄かに焦げたような臭気が感じられます。

Indoor Tub 3

客室の風呂は基本的に屋内にありますが、唯一、パティオ・ルームと称する112号室のみ屋外のジャグジーとなります。

112 – The Patio Room

それとは別に、全ての宿泊者が先着順で利用できるジェットバスが一つあります。

Outdoor Pool 1

やたら広く取られたデッキスペースの奥に鎮座しているのが、それ。

Outdoor Pool 2

赤いホースから、投入量をかなり絞った源泉が掛け流されています。

Outdoor Pool 3

木柵の向こうはチュービング用の渓流で、水の流れる音が鳴り響いています。

Soaking

浴槽は少々趣に欠けるホテルですが、泉質と湯使いには確かなものがあると感じました。

The Home Hotel, ラバ・ホットスプリングス, アイダホ州, アメリカ
私の好み[2/5]
日帰り入浴不可
宿泊
公式サイトあり

コメントを残す


Ken Springfield