赤倉日山温泉 ひやま山荘 お湯センター, 山形県

一般的な温泉で泳ごうものなら、マナー違反として大ブーイングを浴びてしまいます。

ところが「泳げる大露天風呂」がアピールポイントのひやま山荘 お湯センターでは、逆に泳がにゃ損々、ということになります。

お湯センターという名の魔境

宮城県・鳴子温泉郷の「ゆめぐりチケット」は参加施設が多く、山形県の赤倉温泉でも使用できます。

Road

赤倉温泉といっても、ひやま山荘は温泉街を外れた寂しい坂道を登ったところにあります。

離合困難な隘路で舗装も悪く、お世辞にも立地に恵まれているとはいえません。

Hiyama Sanso

突き当り左手に見えるのが、宿泊客専用のひやま山荘。

Oyu Center

正面に見えるのが、日帰り客専用の「お湯センター」です。

Entrance

このご時世、この立地で、宿泊と日帰りを分けるほどの客入りがあるのだろうか、なんて失礼な心配をよそに、お湯センターの中は大変キレイにされています。

Hall

大座敷を横目で見ながら浴室へ向かいます。

座敷の利用には別料金が必要ですが、これだけ広いスペースだと地域の会合などで重宝されるのかもしれません。

Men's Bath

廊下から男性用露天風呂が丸見えで、大らかさを感じます。

泳げる露天風呂には水着を着けずに入ってください

脱衣所は入浴スペースに比して小さく、内風呂と露天風呂の両方に出入りできます。

Changing Room

ここに、印象的な注意書きがあります。

Caution

この文句を書かざるを得なかった胸中を察するに、日本人の遺伝子に組み込まれた「入浴観」が透けて見えます。

  1. 温泉は裸で入るものである
  2. 温泉では泳いではならない

じゃあ、泳げる温泉では?→思考停止、とならないための気配りなのであります。

Men's Indoor Bath 2

まずは男湯の内風呂です。

古めかしくも美しい浴室。

Men's Indoor Bath 1

壁の経年劣化さえアートに見える、不可思議な昭和の紋様が蠱惑的です。

二つあるカランの湯は源泉を使用。

Water Outlet

吐出される源泉は塩ビのパイプからいったん岩間にためられ、そして水面下から浴槽に投入されます。

湧出点の泉温が67℃もあるため、自然冷却を図っているものと思われます。

Men's Outdoor Bath 1

外のスペースへは、内風呂から直接移動することもできます。

泳げる露天風呂に面したところに、一つ目の小露天風呂。

Men's Outdoor Bath 2

内風呂の採光窓のわきに二つ目の小露天風呂があります。

どちらも湯口は水面下にあり、投入量が絞られてぬる湯になっていました。

Swimming Pool 2

待ちに待った、泳げる露天風呂です。

男湯としては長さ10メートル強、深さは腰上まであるプールに、消火栓のホースのような湯口から高温の源泉が放流されています。

Soaking

これだけの大きさを誇りながら、清潔に管理、約42℃の適温を維持されているのには、頭の下がる思いです。

冒頭で失礼なことを言って申し訳ありませんでした!

Swimming Pool 1

もともとこのプールは混浴だったと見られ、衝立こそありますが、水面下とプールサイドで男湯と女湯が一体化しています。

最後に、女湯の内風呂と露天風呂です。

Women's Indoor Bath

「泳げる大露天風呂」という突飛なアピールポイントが無くても、ひやま温泉の源泉は魅力的です。

無色透明で石膏臭を伴い、肌触りはマイルド。

こういう繊細な泉質の良さに気付けるようになった自分を、喜ばしく思います。

Women's Outdoor Bath

フ○チンで泳ぎ回っていた私の言えることではないでしょうが。

ひやま山荘 お湯センター, 赤倉日山温泉, 最上町, 山形県
私の好み [3/5]
日帰り入浴 可 (9:30 – 19:00)
宿泊 可 (ひやま山荘)
公式サイト あり

コメントを残す


Ken Springfield