日本

肘折温泉 共同浴場上の湯 - 山形県の温泉

開湯は平安時代の807年といわれる山形県、肘折温泉

約1万年前の火山活動で形成されたカルデラ地形の中に自噴する源泉。

出羽三山(でわさんざん)の山岳信仰と関係があり、その行者たちによって発見されたというのが通説です。

温泉街のシンボル

昔ながらの街並みを残している温泉街のほぼ中央に位置するのが、共同浴場上の湯。

3軒存在する共同浴場のうち、公式には唯一、観光客向けに開放されているのが上の湯で、かつ肘折温泉の象徴的存在です。

Hijiori Center

いかにも公共施設といった風情の、コンクリート製のがっしりとした外観。

1階は男女別の内風呂、2階は地域の集会所になっています。

Wash Tub

2階へ上がる階段の横に温泉が溜められています。

地域住民により、洗濯などに用いられていると思われます。

Stone Monument

消防設備が格納された建物の横面から、湯座神社(または薬師神社)へと上る石段が始まっています。

泉源は建物の真後ろにあるようです。

Entrance

入ってすぐのところが番台です。

温泉街の宿泊客は無料入浴券をもらえますが、立ち寄り湯でもたったの250円。

Caution Statement

浴場にはカランやシャワーが無いので、衛生的観点から「かけ湯」が特に重要です。

『下の方から順に上へと20回程度』とのこと。

Changing Room

脱衣所は広い。

あるぱか
コインロッカーはあるの…?
無いけど、風呂場から見えるから気にしなくていいよ。
かぴばら

Doors 1

「冷え湯」とは!?

男湯の様子。

10人は余裕で入れそうな大きな浴槽が一つ。

Main Pool 1

湯口はお地蔵様の台座の下にあります。

女湯に面した高い位置に、かつて湯口であったと思しき支柱がありますが、稼働していませんでした。

Main Pool 2

浴槽と脱衣所との間の狭いスペースに、ぬるい水が常時落とされています。

Tepid Water

カラン代わりに使ってよいのでしょうが、少々謎めいています。

湯口付近は温泉成分で赤茶けていますが、浴槽の湯はそこまで着色していません。

Jizo

黄土色に、もやがかかっているものの、浴槽の底が見えるぐらいに透明です。

湧出点での泉温は43.5℃で、供用場所での温度は約43℃。

Doors 2

熱くもなく、ぬるくもない適温ですが、上の湯の使用源泉は「冷え湯」といわれます。

Bathrooms

旅館が引湯している源泉と比較した場合、炭酸成分が強い一方で金気や塩分が少なく、湯上りが爽やかだから、とのこと。

鈍い私には最初よく分かりませんでしたが、その特徴は飲泉すると如実に感じられました。

Agari-yu

「あがり湯」用に、適度に冷まされた源泉が用意されています。

これで身体の粗熱を取ると…

あ!ほんとだ、さっぱりした~

まとめ

共同浴場 上(かみ)の湯, 肘折(ひじおり)温泉, 大蔵村, 山形県

私の好み:

  • 種類:
    日帰り
  • ルール:
    男女別
  • 消毒:
    無し
  • 泉温:
    43.5℃(湧出点)

-日本
-,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす