グルータス・トラントンゴ温泉, メキシコ

日本と同じ環太平洋火山帯に属するメキシコは、地熱資源の豊富な温泉大国です。

そんな温泉大国を象徴するような衝撃的なスポットを訪れます。

巨大な鍾乳洞から膨大な湯量の温泉が噴出、そこには流れ出る湯の川を取り巻く温泉テーマパークがあります。

神秘の温泉滝

メキシコシティから北(イスミキルパン方面)へ車を走らせること3時間半(運転が不安という方はH.I.S.などが主催の現地ツアーをおすすめします)。

Entrance

秘境という表現がぴったりの山奥に、神秘的な温泉滝があります。

Waterfall1

石灰質の岩盤から温泉が噴き出し、滝の裏には大小2つの鍾乳洞があります。

Waterfall3

ここから流れ出た湯が川となり、それを取り囲むように広大な温泉テーマパークが形成されているのです。

テーマパークの中にはホテル(予約不可)、キャンプ場、レストランなど、充実の施設が完備されています。

Locker

圧巻の鍾乳洞

温泉滝の左脇には奥行き数10メートルの小さな洞窟があり、内部を探検できます。

Small Cave1

明かりが一つも無い中で温泉が至る所から噴出し、視界はほとんどなく危ないです。

Small Cave2

滝つぼの裏には大きな洞窟があり、中は自然そのままの巨大な浴槽になっています。

Splash1

泉温は38℃程度のぬる湯ですが、洞窟全体が温かい空気に包まれており、適温に感じます。

Large Cave1

白濁した見た目以外の特徴は弱い泉質で、触感はサラサラとしています。

Splash2

洞窟中央付近の天井からは、膨大な量の温泉が供給されています。

Large Cave3

その滝の下で、メキシコ人たちが打たせ湯を楽しんでいるようです。

Large Cave2

打たせ湯と呼べるレベルの湯量ではなく、もはや修行のようですが…

Milky-white River1

あふれた温泉は沢の水と混じり、テーマパークを流れる川湯となります。

Restaurant2

典型的なメキシコ料理を提供するレストランなどが建ち並ぶ周辺では、川の温度は30℃弱。

Restaurant1

かなりぬるめですが、メキシコの強い日差しの下では快適に過ごすことができます。

Milky-white River2

注意したいのは訪問する時期。

Milky-white River3

雨の翌日などは土砂で濁ってしまうので、雨季(6~9月)は要注意です。

Paraíso Escondido1

川から離れて山の斜面を登ったところにあるホテル(パライソ・エスコンディード)付近には、眺望抜群の露天風呂が設けられています。

Tubs2

こちらも追加料金無しに利用できます。

Tubs1

豊富な温泉資源に、安全や自然保護への考え方が良くも悪くも大らかなメキシコの文化が相まって、衝撃的な温泉テーマパークが実現しているのです。

Grutas Tolantongo, カルドナル, イダルゴ州, メキシコ
私の好み[5/5]
日帰り入浴
宿泊可 (先着順、予約不可)
公式サイトあり

コメント

  1. カウガールさん
    はい、まだまだメキシコの温泉の記事を用意してます!

  2. カウガール より:

    メキシコ温泉のポテンシャルすごいですね~!日本の温泉にゆったり入るものいいですが、これはこれで楽しそう。またメキシコ情報待ってます。

コメントを残す


Ken Springfield