ギラード温泉, アリゾナ州

アリゾナ州で最もアツい温泉へ向かう道は、鉄砲水で完全に破壊されています。

困難な道のりの末に待ち受けるのは、82℃もの熱湯です。

モレンシー鉱山

アリゾナ州東部、ニューメキシコ州との州境付近に位置する町、モレンシーは現役の鉱山街です。

資源メジャーの一角、フリーポート・マクモランが72%、住友金属鉱山(株)の現地法人が28%出資する北米最大級の銅鉱山が、ここにあります。

Freeport-McMoRan’s Morenci Operations

そこでは一戸建ての家ぐらいの巨大な特殊車両が、列をなして一般道を横切る圧巻の光景が見られます。

ギラード温泉

1872年開山の歴史あるモレンシー鉱山の近隣に、その昔、鉱員たちが集ったという温浴スポットが残っています。

早速行ってみましょう。

鉱山から南方へ30分ほど車を走らせたところの砂漠に、「ギラード・ホットスプリングス・ロード」という興味深い名前の道があります。

そのダート道を西へ進むと、道全体が有刺鉄線で封鎖されています。

Barbed Wire

ここで車を降り、鉄条網をかいくぐって先へ進みます。

突然ですが、砂漠で最も多い死因は溺死といわれています。

ちょっと何言っているか分からないと思いますが、砂漠特有の鉄砲水が背景にあります。

植物が少なく乾燥した土壌のため、保水力が乏しい砂漠に珍しく大雨が降ると、雨水が地中に染み込まずに地表を伝い、思いもよらない大洪水が起きます。

Slot Canyon

その激流が先ほどの道を完全に洗い流し、極めて幅の狭い渓谷に成り代わっています。

このように道が消失しているため、鉱員の日帰り旅行先として知られた野湯は、今や完全に打ち捨てられているのです。

3メートルほど下の谷底にジャンプして降りるのは容易ですが、逆に登るのには苦労しそうです。

本当に帰れるのか?と不安を抱きながらも、徐々に谷を下っていきます。

Bottom of the Canyon

人気観光地であるアンテロープ・キャニオンのように美しい渓谷とはいえませんが、成因や構造は全く同じです。

乾ききった谷に転がる岩や石には角がなく丸い形に浸食されていて、大雨が降ればこの間隙に大量の雨水が押し寄せることを示唆しています。

30分ほど歩き続けると辺りは開け、樹木が目につきます。

Signboard

ヒラ川の河川敷です。

ニューメキシコ州のヒラ温泉郷付近が上流なので、アリゾナ州まで流れ着いたこの辺りは中流ということになります。

砂州にぽつんと、やけどへの注意を促す朽ち果てた立て看板がある以外に、人工構造物はありません。

The Gila River

どうやらお目当ての温泉に到着したようです。

ヒラ川の川面付近の土手が、赤茶色に変色しているのが見えます。

その距離は川沿いに50メートルほどで、そこから広い範囲にわたり源泉が湧出しています。

臭いは特にありません。

Drippy

近づいてみると、案の定やけどをしました。

源泉温度は82℃の高温で、川の水とうまく混ざりあっている場所はよいですが、均一に混ざらずムラがあって危険です。

Riverside

川の水量もそこそこあるため、上流のターキー・クリーク温泉のように川全体が適温ということはありません。

また、川の水の透明度がそれほど高くないのも難点です。

Red Pool

心地よい湯浴みという訳にはいきませんでしたが、アリゾナ州で最もアツい温泉は本当に熱く、温泉成分の鮮やかな赤茶色が印象的で、温泉ファンなら行ってみる価値はあると思います。

Gillard Hot Springs, ヒラ・ボックス・ナパリアン国立保護区, アリゾナ州, アメリカ
評価[1/5]
日帰り入浴
宿泊不可
公式サイトなし

コメントを残す


Ken Springfield