ヒラ温泉キャンプ場, ニューメキシコ州

雪明かりに照らされた温泉旅館で、温かい鍋に舌鼓を打つ…私の住むアメリカに、そんな選択肢はないようです。

氷点下の試される大地で、生きるか死ぬか、その瀬戸際で温泉が救いの手を差し伸べてくれました。

シンプル・イズ・ベスト

ヒラ温泉に複数あるキャンプ場のうち、こちらは最も原始的な施設です。

Entrance

一泊8ドルという破格の安値ですので、充実の設備を期待してはいけません。

シャワーはなし、トイレは汲み取り式。

キッチンどころか流し台もなく、温泉と冷水の出る蛇口が敷地の真ん中に一つずつ突き刺さっているだけ。

この環境で煮炊きをこなしながら大自然を楽しむには、よほどキャンプ慣れした上級者でないと難しいと思われます。

Map

初心者の方には、すぐ隣のキャンプ場、ワイルドウッド・リトリート温泉をおすすめします。

キャンプサイトは全12箇所。

ヒラ川の対岸に源泉があり、それがパイプで引湯され、川原に広がる敷地の中心に設けられた三つの露天風呂に供給されています。

こちらの露天風呂には布製の屋根が設置されています。

中心部分の台形の岩が、火照った体を冷やすのにちょうどいい感じ高さに置かれています。

In Summer

同じ場所を夏に再訪しましたが、雑草が生い茂り、まるで別の場所のようです。

三つの露天風呂にはいずれも脱衣所や目隠しがないので、夏に訪れた方が草木でプライバシーは確保されるといえるでしょう。

日没までは水着要着用、夜間は水着着用可(Clothing Optional)という大らかなルールで、全裸での入浴も時間帯により認められているということです。

湯口の泉温は60℃近い激アツで、これが水面に落ちるまでに多少冷却されるものの、どの浴槽もそれほど大きくなく、そのためいずれも熱めの温度設定となっています。

年中無休

それは真冬の入浴でも十分温まる温度でした。

訪問時は12月、お気に入りのワイルドウッド・リトリート温泉は残念ながら冬季休業なので、年中無休で営業しているこちらを訪問しました。

Hottest

標高1,700mの夜間の気温は-7℃まで急激に下がり、体が発する水蒸気で毛布が凍結するほどの壮絶なキャンプとなりました。

寿命が縮む思いで命からがら帰宅しましたが、このときほど温かい温泉に命を救われた思いをしたことはありません。

Surface

Gila Hot Springs Campground, ヒラ国立森林公園, ニューメキシコ州, アメリカ
私の好み [4/5]
日帰り入浴
宿泊
公式サイト あり

コメント

コメントを残す


Ken Springfield