フランクリン温泉, カリフォルニア州

子供の頃、時間は今より長く感じられました。

時代に取り残されてなお魅力を放つ珍スポットで、時の流れを感じます。

モロ・ロック

ロサンゼルスとサンフランシスコの中間に位置する港町、モロ・ベイ。

その海岸線に奇妙な形の岩山があります。

Morro Rock

Photo by Mike Trimble – Morro Rock (2018) / CC BY-NC-ND 2.0

モロ・ロックと呼ばれる標高177mの巨岩は、地質学的には岩頸(がんけい)と呼ばれます。

約3,000万年前の火山活動で地下から上昇したマグマが火道内で硬化し、周囲の山体は浸食されてこの形状が残ったといいます。

岩頸と言ってもなじみが無いかもしれませんが、鉱物愛好家でもあった宮沢賢治の詩に登場します。

あゝいゝな せいせいするな

風が吹くし

農具はぴかぴか光ってゐるし

山はぼんやり

岩頸だって岩鐘だって

みんな時間のないころの夢をみてゐるのだ

宮沢賢治『雲の信号』より

フランクリン温泉

モロ・ベイから40分のドライブで、パソ・ロブレスに到着。

Signboard

多くのワイナリーが建ち並ぶオシャレな街の外れに、それとは対極の価値観を体現するかのようなヒッピー風の小屋があります。

Entrance

1950年代に当地を購入したフランクリン一族が、石油会社に土地を貸し掘削したところ、油混じりの湯が噴出。

Small Tub

以降今日に至るまで、一族による手作りの日帰り入浴施設が営業しています。

Large Pool1

長辺30mはある巨大なプールは、湯口から離れるにつれて深くなり、半分以上の地点で大人でも底に足が届きません。

Large Pool2

深緑色の湯は明確なアブラ臭を伴い、湯口は37℃の適温ながら湯尻では33℃とかなりのぬる湯。

Water Outlet

湯口からは8本のパイプが伸び、鉱山機械のように無骨なデザイン。

Roaring Water

激しい水音を立てて注がれる湯はプールを満たし、隣接するため池にかけ流されます。

Large Pool3

何人かの客は、プールの底に沈殿する温泉成分を身体中に塗りたくっています。

個人的に清潔感に欠けるように感じられたので、こちらのたる風呂で時間を過ごすことにしました。

Circular Tub1

浴槽が小さいため湯の鮮度は抜群に優れており、顕著な泡付きが見られます。

時代に取り残されたような珍スポットから、ため池の向こうをせわしなく行き交う車を眺めていました。

Circular Tub2

年をとるにつれ、時の流れはますます速くなるようです。

いつまでも子供のような新鮮な目で、世界を見つめていたいものです。

Franklin Hot Springs, パソ・ロブレス, カリフォルニア州, アメリカ
私の好み [3/5]
日帰り入浴 可 (8:00 – 22:00)
宿泊 不可
公式サイト あり

コメント

  1. Ken Springfield より:

    かうがーるさん
    自称ベンジャミン・フランクリンの末裔には会えます。

  2. かうがーる より:

    開放的な温泉!フランクリンの末裔には会えるんですか??

コメントを残す


Ken Springfield