フィッシュ・レイク・バレー温泉, ネバダ州

ネバダ―カリフォルニアの州境を望む、荒涼とした砂漠。

そこに自噴する温泉は湧出量が多く、あふれた温水は池となってコイが泳いでいます。

温泉には興味あるけど、汚いのはちょっと…という方におすすめなキャンプ場のご紹介。

荒涼とした景色

フィッシュ・レイク・バレーは、デスバレー国立公園の北西に位置し、ネバダ州とカリフォルニア州の州境をなすホワイト・マウンテン・ピークのふもとにあります。

Dirt Road

何もないところですが、どこを切り取っても絵になる印象的な光景が広がっています。

温泉へは未舗装路を30分ほどドライブする必要がありますが、心配いりません。

Water Tank

地面は、普通車で進入しても大丈夫なほど踏み固められています。

目印は置き去りにされた巨大なタンク。

ここに、無料のキャンプ場があります。

くみ取り式のトイレやゴミ箱、BBQグリルも完備して、料金不要なのが不思議なほどです。

フィッシュ・レイク・バレー温泉

Fence

石油掘削のため、この谷に13の井戸が掘られたのが1970年。

そのうちたった1つの井戸から温泉が発見されたといい、浴槽の隣で蓋をされているのがそれです。

Hot Well

ここはグレートベースン(大いなる盆地)と呼ばれる地域で、海に注ぐ川はありません。

この地質構造のため、被圧地下水が温泉という形で自噴(人為的な動力によらず湧出)しがちです。

Pool 1

さて、浴槽の大きさは4メートル弱×2メートル弱。

Pool 2

深さは1メートルもあるので、立ったままで浸かることになります。

Pool 3

四方を低いブロック塀に囲まれ、その向こうに雪化粧したホワイト・マウンテン・ピークを望みます。

浸かった状態でのパノラマはよろしくありませんが、浴槽を砂だらけにしないためには仕方がないでしょう。

Soaking 2

毎分50リットル弱もの湧出量があり、湯はいかにも清潔で澄み切っています。

浴槽の壁面にはコケが生えていて、ツルっと滑って水流に押し流されそうになります。

Soaking 1

なお、備え付けのデッキブラシがあるので、気になる方はゴシゴシ掃除してください。

無味無臭の源泉の温度は40℃の適温。

Outflow 1

湯はブロック塀の切れ目から豪快にあふれ出ていきます。

Outflow 2

このように、温泉のすぐそばに車やキャンピングカーを横付けできます。

Pond 1

流出した温泉が砂漠に染み込むまで時間がかかるので、人工的にせき止められた池が出来上がっています。

このぬるい池には、色鮮やかなコイが泳いでいます。

Pond 2

美しい風景の中で温かい湯に浸かり、ぬるい池で遊び、最高のキャンプになること間違いありません。

Fish Lake Valley Hot Well, ダイアー, ネバダ州, アメリカ
私の好み[3/5]
日帰り入浴
宿泊可  (キャンプ場)
公式サイトなし

コメントを残す


Ken Springfield