ユタ州

フィフス・ウォーター(ダイヤモンド・フォーク)ホットスプリングス - アメリカの温泉

あなたの知らない野湯の世界

滝を流れ落ちるのは冷たい沢の水。

滝つぼの両脇から、高温の源泉が噴出。

往復7kmのハイキング

ユタ州の州都ソルトレイクシティに降り立った私は、そのまま北へ抜けて野湯巡りに興じようと思案していましたが、あいにくの雨。

急きょ予定を変更、南へわずか1時間ちょっとのドライブでたどり着く、フィフス・ウォーター温泉を目指しました。

Trailhead

週末には多くの地元民が押し寄せる、人気のハイキングコースです。

Autumn leaves

往復7km、適度な長さでよく整備されていて、終始、渓流沿いの美しい景色を楽しめます。

あるぱか
温泉目的じゃなくても楽しめそう……
それが狙いだよ。
かぴばら

Bridge

青みがかった野湯群

硫化水素臭がしだいに鼻をついてきたら、到着です。

Lower Pool 1

温泉は大きく分けて二つのエリアに湧いています。

一つ目が下流側、小さな滝のある辺り。

Lower Pool 2

右岸に適温の源泉が湧出し、そのまま深めの岩風呂に注がれています。

沢の水が青みがかって見えるのは、それだけ大量の温泉が混入しているため。

From Hilltop 2

自然条件により、ターコイズ色になるまで強く発色することもあるようです。

二つ目のエリアは、上流側の大きな滝の周辺。

Middle Pool 2

右岸にあるのが最大の湯だまりで、10人入っても余裕の大きさ。

滝に向かって水路状になっている場に、泉源が存在します。

Source of the Springs 1

これは凄い!

60℃近い高温の源泉が地中からとめどなく噴出しています。

From Middle Pool 1

岩の切れ目から冷たい沢の水が混入して、湯だまりはおおよそ適温になっています。

From Middle Pool 2

極楽、極楽~。

時々、火傷しそうなほど熱い箇所があるのでご用心。

Waterfall 1

露出した断層を乗り超えるような形で、滝が流れ落ちています。

古今東西、断層は地中深くの温泉が地上に出てくる通り道とされます。

From Hilltop 1

その意味ではセオリー通りの温泉ですね。

Source of the Springs 2

浅い滝つぼを挟んで左岸では、底が赤茶色に染まっています。

Upper Pool 1

ここでも源泉が自噴していて、沢の水と上手い具合に混ざって小さな岩風呂に注がれています。

Upper Pool 2

こちらの源泉は硫黄分がとりわけ強く、顕著な臭気とともに緑色の発色が見られます。

Waterfall 2

滝の水音に支配された、最高の入浴環境。

Mineral Deposits

白い繊維状の湯の花が、岩間に大量に析出しています。

Stream

元来た方向に目をやると、下流に向かうにつれて渓流の白濁が増していることに気付きます。

温泉成分の酸化に伴って、変色が進んでいるのです。

多くのハイカーが訪れる場所なので、入浴時には残念ながら水着着用が必須。

ソルトレイクシティに来たら、それでも訪ねたい紛れもない名湯といえます。

まとめ

Fifth Water (Diamond Fork) Hot Springs, スプリングビル, ユタ州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    野湯
  • ルール
    水着着用
  • 塩素消毒
    無し
  • 泉温
    60℃(湧出点)

-ユタ州
-, , ,

© 2020 Ken@孤独の温泉