サウスダコタ州

エヴァンス・プランジ・ミネラル・スプリングス - アメリカの温泉

全米に散らばる"Hot Springs"という地名だけを頼りに、サウスダコタ州まで遠征。

それ、どこだって?

歴代大統領の顔が刻まれた、あの岩山のある州です。

街歩きが楽しい旧市街

4人の大統領の顔が岩山に刻まれたラシュモア山。

Mount Rushmore

誰もが一度は目にしたことのあるこの観光スポットは、白人とアメリカ・インディアンの抗争、あえて言うなら「民族浄化」が特に苛烈だった因縁の地にあります。

Fall River 2

先住民が聖地としていたラシュモア山を含むブラックヒルズの南端に位置するのが、ホットスプリングス。

インディアンが楽しんでいた温泉は、早くも19世紀後半から白人の観光資源として人気を博することになりました。

Fall River 1

冬の朝はこのとおり、古い市街を貫くように流れる温泉の川全体から、幻想的な湯けむりが上がります。

今日ではゴーストタウンと見紛うばかりの寂れ方をしているのが信じられないほど、魅力いっぱいの街です。

Kidney Springs 1

キドニー・スプリングス公園にも足を運んでください。

日本風と評される歴史的なあずまやの下に、飲泉所があります。

Kidney Springs 2

飲泉は温泉が医療行為の一旦を担った時代の、重要な側面です。

口当たりのよい源泉は、涸れることがありません。

Hot Springs Waterfall

公園の南端で湯の滝が美しい虹を描いていました。

どれも泉温は低くぬるま湯程度ですが、街歩きのハイライトとしては極上です。

足元湧出の巨大プール

Exterior

エヴェンス・プランジは同市のランドマークと言っても、誰も疑わないでしょう。

建て替えられているものの、1890年の創業以来営業を続けている温浴施設です。

Entrance 1

2013年、運営が市に代わりました。

天井が高く開放的な受付。

Entrance 2

入って左手に土産物屋がありました。

ホットスプリングスの象徴的存在として、いくばくかの観光需要を喚起しているようです。

Shop

二階にはフィットネスジムが完備。

Gym

地域の健康センターとしての存在意義が大きそう。

Corridor

エヴァンス・プランジの偉大な歴史を説明するパネルを横目に、更衣室へと向かいましょう。

Changing Room

水着着用必須、貴重品類はコイン式のロッカーに預けます。

Large Pool 2

デデーン!どう見ても屋内プールです。

"Health Club"なる温浴槽のある小部屋もありましたが、工事中でした。

Health Club

ウォータースライダーの上から巨大な構造物を一望。

Large Pool 1

北端にはファミリー向けの小プールがありました。

Family Pool

南端は最も深くなっていて、大人でも足が底に届きません。

Steps

このプールの何が凄いって、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、底が全面砂利敷きになっていること。

勝手に湧き出る泉源の上に屋根を被せただけの、足元湧出泉なのです。

Swimming

湧出量が膨大なため、1時間半でプール全体の湯が自然に入れ替わるとか。

このため塩素消毒は最低限で済み、私は実際感知しませんでした。

Large Pool 3

上がると少し肌寒く感じる程度の泉温、31℃。

特徴的な浴感には乏しいものの、経験値がぐんと上がったような気がします。

Outdoor Pool 1

屋外プールへと続く扉は閉鎖されていました。

Outdoor Pool 2

もっとも、こちらは温泉的な面白味はなさそう。

マニア必見!こぼれ湯

冬季は湯けむりが上がるので発見しやすいですが、駐車場の裏手に湯が捨てられています。

Hidden Pool 1

コンクリートの斜面に開けられた大穴からの排水は、プールからのこぼれ湯かどうか定かではありませんが、29℃を記録。

かぴばら
これはマニア必見だな。
私が見つけたのよ。
あるぱか

Hidden Pool 2

どこかの物好きが、フォール川にせり出すような形で岩風呂を設けたようです。

湯量が凄まじく、一見の価値あり。

Hidden Pool 3

まとめ

Evan Plunge Mineral Springs, ホットスプリングス, サウスダコタ州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    日帰り
  • ルール
    水着着用
  • 塩素消毒
    あり
  • 泉温
    ~31℃

公式サイト

-サウスダコタ州
-, ,