アリゾナ州

エッセンス・オブ・トランキリティー - アメリカの温泉

アリゾナ州ツーソンから車で2時間走った所に、安らぎの本質という哲学的な名前の温浴施設があります。

それは手作り感あふれる珍スポットなのです。

静かなキャンプ場

うっかり通り過ぎてしまいそうほど地味な外観の、温泉を引湯しているキャンプ場。

Entrance

日帰り入浴は8ドルです。 壁に付けられたベルのひもを引くと、オーナーが現れます。

Reception Dog

それに一歩先んじて、かわいい番台犬のお出迎えがありました。

Campground

敷地内で最初に目にすることになるのは、水着着用必須の共同露天風呂。

Open-air Bath1

温度設定は全ての浴槽の中で最もぬるく、37℃ほどです。

Open-air Bath2

十分な量の湯の投入が見られ、湯使いは秀逸。

無色透明の湯ながら口に含むとしっかりと塩味が効いており、よく温まる泉質であることが分かります。

工夫を凝らした貸切内風呂

Japanese

貸切風呂は全部で5つで、浴槽内の温度は39~41℃ほどの適温です。

どれも簡素なバラック小屋の内風呂ですが、1時間と決められた滞在時間中に自由に行き来でき、好みの空間を探すことができます。

Hawaiian

アジアをイメージしたものからビーチリゾートをイメージしたものまで、多様。

こちらは古代ローマの浴場を模したと思われる内風呂です。

Roman Bath

狭さを感じさせない工夫でしょうか、三方の壁にローマ風呂を想起させる布が張り巡らされています。

しかし、学園祭の出し物のような手作り感にあふれており、お世辞にも洗練されているとはいえません。

あるぱか
このペラペラ感……
それがいいんだよ。
かぴばら

この薄っぺらい雰囲気のローマ風呂に浸かりながら、「ローマは一日にして成らず」という言葉の重みを考えていました。

Cave Bath1

こちらは洞窟風呂です。

高い位置の湯口から、深めの浴槽に源泉が注ぎ込まれています。

ドドド……

洞窟のような薄暗い小屋の中に水音が響いています。

Cave Bath

見上げると、粗末なトタン屋根の隙間から日の光が差し込んでいます。

「安らぎの本質」とは案外、洗練された空間ではなく、こんな飾らない雰囲気に存在するのではないかと思いました。

まとめ

Essence of Tranquility, サフォード, アリゾナ州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    日帰り、宿泊(キャンプ場)
  • ルール
    貸切、水着着用
  • 塩素消毒
    無し
  • 泉温
    ~41℃

公式サイト

 

そういえば……

エッセンス・オブ・トランキリティーからわずか5分のドライブでたどり着く州立公園。

Roper Lake State Park

ローパー・レイク州立公園, サフォード, アリゾナ州, アメリカ

ここでも似た泉質の温泉が湧き、キャンパーたちに大人気。

-アリゾナ州
-,

© 2020 Ken@孤独の温泉