シャンパン・ポンド温泉【噴火により消失】, ハワイ州

温泉を好むのは人間だけではありません。

長野県ではニホンザルが温泉を楽しむ様子が外国人観光客に大人気です。

一方ハワイでは、熱帯魚や(運が良ければ)ウミガメと温泉に入ることもできます。


2018年6月、キラウエア火山の大噴火による溶岩流で全て消失しました。

クムカヒ岬

ハワイ島(ビッグ・アイランド)の東の端には、火山活動の恩恵で各所に温泉が湧きます。

Gated Community1

今回訪れるのは住宅地の中にある温泉ですが、そこへ向かう道がゲーテッド・コミュニティの中にあり、住民とエリア内の宿泊者以外の通り抜けが禁じられています。

Gated Community2

ところが裏道があり、ハワイ諸島最東端に当たるクムカヒ灯台の手前を右手に折れ、溶岩でガタガタの悪路を突破してたどり着くことができるのです。

Cape Kumukahi Light

Photo by Jimmy Emerson, DVM – Cape Kumukahi Light (2016) / CC BY-NC-ND 2.0

ほぼ全てのレンタカー会社は、未舗装路の走行を禁止しています。

とはいえ、ルールを守ってハワイ島の大自然を満喫できなければ、何のために観光スポットいっぱいのオアフ島を抜け出してきたのか、本末転倒も甚だしいというところです。

余分にお金を払ってトラックかSUVを借り、細心の注意を払ってダート道へ突入!

Black Beach1

見えてきました…

Black Beach2

シャンパン・ポンドが太平洋とつながっている部分です。

シャンパン・ポンド温泉

Cove2

住宅地に囲まれた入り江は、極めて透明度の高い水をたたえています。

Cove1

私有地とそうでない部分が複雑に入り組んでいるので、注意しながらの入湯です。

Clear Water2

泉温は一番高い部分でも31℃程度とぬるいですが、温泉らしさは「音」で感じられます。

Clear Water3

シャンパンという素敵な名称の理由は、入り江の底全体からガスを含む温水が湧出し、パチパチとはじける音が鳴るためです。

Clear Water1

シュノーケリング・スポットとしては理想的で、様々な種類の熱帯魚が見られ、時にはウミガメがこの温かい入り江を訪れるといいます。

Tropical Fish2

本格的な温泉というわけではありませんが、海洋生物と一緒に入浴することのできる唯一無二のスポットといえます。

Tropical Fish1

Champagne Pond【噴火により消失】, カポホ, ハワイ州, アメリカ
私の好み [1/5]
日帰り入浴
宿泊 不可
公式サイト なし

そういえば…

悪路に怖気づいた人は、近隣のカポホ・タイド・プールの駐車場に車を止めて、徒歩でシャンパン・ポンドを訪問することもできなくはありません。

Kapoho Tide Pools

カポホ・タイド・プール【噴火により消失】, パホア, ハワイ州, アメリカ

カポホ・タイド・プールでも、地熱に起因する温水が染み出しています。

コメントを残す


Ken Springfield