カーソン温泉リゾート, ネバダ州

ネバダ州の州都、カーソン・シティに位置する歴史ある温泉は、源泉温度49℃。

加水せず、掛け流しにこだわった屋外プールと、少しずつ趣向の異なる貸切風呂が魅力です。

こだわりの屋外プール

カーソン・シティの中心街から外れた、州間高速道路沿いの寂しい場所にカーソン温泉リゾートはあります。

全く同名の温泉がワシントン州にありますが、そちらは宿泊可能なリゾートホテル。

Exterior

ネバダ州のそれは、リゾートと呼ぶには少しためらわれる日帰り入浴施設です。

正面部分は工事中で、大がかりなリノベーションが行われていました。

Restaurant

駐車場の奥には、感じのよいブリュワリーとレストランがあります。

温泉の入口はそこを右手に入った、小屋。

Entrance

1880年開業の歴史的な温泉に似つかわしくない、実用本位な外観です。

屋外プールは15ドルで時間制限なし。

Office

個室風呂は25ドルで2時間制、屋外プールへも立入可能。

まずは屋外の様子を見てみましょう。

Pool Side

プールそのものは何の変哲もありませんが、新湯の投入方法に工夫があります。

湯口は二か所で、かなり高い位置から放出されます。

Outdoor Pool 1

そのうち一つは霧吹き状で、49℃の源泉を加水することなく自然冷却します。

この機構によりプールは夏場34℃、冬場38℃のぬるめに保たれます。

Outdoor Pool 2

塩素消毒されておらず、湯使い良好。

この奥に五角形のジャグジーが二か所あります。

Jacuzzi

これらは39℃程度で温かいですが、カルキ臭が強烈でおすすめできません。

9つの貸切風呂

個室風呂を頼むと、「何度がいい?」と尋ねられます。

Corridor

いや、そんな突然聞かれても(しかも華氏だし…)。

9つある内風呂は、投入量を加減して細やかに温度設定されています。

Door

とりあえず一番熱い40℃の浴室に決め、番号札を受け取ります。

それをドアノブに掛け、内側から鍵を閉めます。

Changing Room

貸切風呂の構造はどれもほぼ同じ。

入ってすぐのところに脱衣スペースがあり、その下方に4人サイズの浴槽があります。

Private Bath 2

こちらの浴槽は、水面部分のタイルが波の紋様になっているのが特徴。

せっかくなので他の部屋ものぞいてみましょう。

Private Bath 1

幾何学模様。

Private Bath 3

水色のタイル。

Private Bath 7

大理石調。

Private Bath 4

レンガ調。

Private Bath 5

木目調。

Private Bath 9

藍色のタイル。

Private Bath 6

シンプル、左階段。

Private Bath 8

シンプル、右階段。

Steps

胸あたりまである深めの浴槽に、無味無臭の源泉が注がれています。

スベスベする滑らかな肌触りが、屋外プールより感じられます。

Water Outlet

天井は高く、湯気抜きが設けられているので蒸すことはありません。

Ceiling

少しずつ趣向の異なる個室風呂ですが、四方を壁に囲まれて部屋全体が浴槽になっている構造は、不思議なほど頑なに守られています。

それが歴史あるカーソン温泉の、変えてはならない部分なのかもしれません。

Carson Hot Springs Resort, カーソン・シティ, ネバダ州, アメリカ
私の好み[2/5]
日帰り入浴
宿泊不可
公式サイトあり

コメントを残す


Ken Springfield