ワイオミング州

ボイリング・リバー・ホットスプリングス(イエローストーン国立公園) - アメリカの温泉

掛け流しっていうレベルじゃねぇぞ!

などと意味不明な歓声を上げていた私を、イエローストーン国立公園のバッファローやエルクは、冷ややかな目で見ていたかもしれません。

イエローストーン国立公園の地獄めぐり

一万を超える温泉などの地熱活動が見られる、イエローストーン国立公園。

Mammoth Hot Springs

マンモス・ホットスプリングス

それら全てに湯小屋を設置したなら、アメリカは一躍世界トップレベルの温泉大国に躍り出ることでしょう。

Morning Glory Pool

モーニング・グローリー・プール

残念ながらほぼ全ての泉源では、眺めることしかできません。

Punch Bowl Spring

パンチボウル・スプリング

イエローストーンは言うなれば、別府温泉地獄めぐりのデラックス版なのです。

Grand Prismatic Spring

グランド・プリズマティック・スプリング

入浴することができなくても、温泉ファンにとってはどれだけ時間があっても足りない聖地といえます。

Excelsior Geyser

エクセルシオール・ガイザー

そんなイエローストーンにも、公式に入浴が許可されている場所があります。

沸騰する川

国立公園の北の玄関口、モンタナ州のガーディナーには手ごろな宿泊施設が集中しています。

Parking

ガーディナーから南へわずか10分弱のドライブで、ボイリング・リバーの駐車場に到着。

案内板のある辺りがちょうど州境で、温泉のある方角はワイオミング州に属しています。

Trailhead

片道10分程度のハイキング。

エルク(アメリカアカシカ)が至近距離にいて緊張したこと以外は、歩きやすい道のりでした。

Trail

遠くに見えていた白煙が近づいてきて、気分が上がってきます。

Steaming

文字通り、ボイリング(沸騰する)川。

Signboard

実際の泉温は約60℃なので沸騰こそしていません。

ただ、地中からあふれる熱水の量が異常に多く、逆巻いています。

Source of the Springs

泉源は、北へ向かって流れているガーディナー川の左岸に存在します。

Boiling River 2

温泉の川は並行する形で百メートル弱北上して、最終的にガーディナー川と合流します。

Panorama

二つの流路が合わさって適温になる地点で、入浴できるというわけです。

Boardwalk

早朝・夜間の立ち入りは危険防止のため禁止。

水着着用は必須です。

Boiling River 2

温泉の川と冷たい川を仕切る堤防部分に、遊歩道が続いています。

遊園地の急流すべりを思わせる激しい水流。

Boiling River 1

触れれば火傷するほどの高温を示しています。

遊歩道はそのまま、ガーディナー川に入っていきます。

Steps to River

この日の気温は氷点下で、川の水は数秒で足先の感覚が失われる冷たさ。

見事なトラバーチン・ドームを見上げて、感銘を受けているような心の余裕はありません。

Tufa Dome

とにかく冷たい、寒い!

早く温泉に浸からないと…っと

Overflow

アッー!

60℃の熱水を浴びて完全に負傷。

あるぱか
大げさね…
自己責任の国やばいよ。
かぴばら

Splash

灼熱と極寒の間で、乙女心のように揺れ動く私。

これほど流れが急だと、適温が維持される箇所なんてほとんどありません。

Gardner River

掛け流しっていうレベルじゃねぇぞ!

思わずそう叫んだ私は、心の底からイエローストーンを楽しんでいました。

まとめ

Boiling River Hot Springs, イエローストーン国立公園, ワイオミング州, アメリカ

私の好み:

  • 種類:
    野湯
  • ルール:
    水着着用
  • 消毒:
    無し
  • 泉温:
    58℃(加水前)
  • 浴感:
    あっさり

公式サイト

-ワイオミング州
-, ,

© 2020 わ~るどほっと!すぷりんぐす