オレゴン州

ビゲロウ(ディアー・クリーク)ホットスプリングス - アメリカの温泉

2020年1月4日

アメリカに温泉は数あれど、オレゴン州ほど自然のままの温泉に浸かるのがレジャーとして認知されている州はないように思います。

川沿いの野湯にも、ひっきりなしに客が訪れていました。

ぬるめのにごり湯

火山活動の盛んなカスケード山脈近辺には、多くの温泉が湧いています。

そのうちビゲロウ温泉は、アクセス容易な無料の野湯として知られています。

Trailhead

ウィラメット国立森林公園内の温泉ホテル、Belknap Hot Springs, Lodge and Gardensから車で10分もかからない森の中。

マッケンジー川を橋で渡ってすぐ左手にある十字架が、その目印です。

Trail

ここで車を降り、二手に分かれている林道の左手、川へ下っていく方を歩きます。

わずか数分のハイキングで目的地に到着。

Riverside

温泉はマッケンジー川の流路すれすれの崖の下に、ひっそりと隠れるようにあります。

雪解け水が増えると簡単に水没するので、春には温泉に入れないと思っておいた方がよいでしょう。

McKenzie River

泉温が40℃前後と低めなので、夏~秋の訪問がおすすめです。

浴槽は3、4人サイズの岩風呂が一つだけ。

Pool

源泉は苔の生した洞窟の奥底で自噴していて、奥へ行くほど温かくなります。

逆に、手前側は川の水の流入もあって、ぬるくなっています。

Cave

入浴ルールはClothing Optional(水着着用は任意)で、日没後の入浴は禁止。

プライベート感のある立地にあって、実質的に先着順の貸切風呂のように利用されていました。

Murky Water

湯は乳白色に濁っていますが、特段の臭気は感じられません。

温泉成分が析出した細かい泥が水中に舞って、そう見えているようです。

あるぱか
泥水じゃないの…?
考えるんじゃない、感じるんだよ。
かぴばら

Inside Cave

物理的に大人数が入ることができず、普段は川のせせらぎに包まれた静かな空間。

しかしこんな隠れ家的温泉でも、ひっきりなしに次の客が訪れます。

オレゴニアン(オレゴン州民)は本当に野湯が好きだな!

まとめ

Bigelow (Deer Creek) Hot Springs, ウィラメット国立森林公園, オレゴン州, アメリカ

私の好み:

ココがポイント

増水時は水没するよ。

  • 日帰り入浴: 可
  • 宿泊: 不可 (野営は可)

そういえば…

カスケード山脈に沿って森の中を北上したところにあるのが、オースティン温泉です。

開けた川原の両岸に50℃弱の熱い湯が自噴し、源泉の周りは緑に変色しています。

Austin Hot Springs

オースティン温泉, マウント・フッド国立森林公園, オレゴン州, アメリカ

ここでも多くのオレゴニアンが、川の水と混じって適温になった箇所で入浴していました。

-オレゴン州
-, ,

Copyright© わ~るどほっと!すぷりんぐす , 2020 All Rights Reserved.