アイダホ州

ベースン・クリーク・ホットスプリングス - アメリカの温泉

アイダホ州ほど、特定のエリアに多くの入浴可能な温泉が集中している州を知りません。

その多くはアツアツの野湯です。

急斜面の下に

アイダホ州の州都、ボイシの北方の山岳地帯には、極めて多くの温泉が存在します。

Bain Creek Road

歴史をひも解けば、その理由が分かります。

現在、主にワイオミング州に属するイエローストーン国立公園でみられる火山活動は、1,650万年前にはネバダ、オレゴン、アイダホの州境付近にあって、徐々に東へ移動してきたといわれています。

その名残がアイダホの数多くの温泉というわけです。

湯巡りの拠点として好立地のスタンレーという町から、約15分のドライブ。

幹線道路を左折して、ベースン・クリーク・ロードというダート道を少し入った路肩に、車を停めます。

普通乗用車で進入可能。

左手に見える岩山が目印です。

このポイントから渓流を見下ろすと、遠くに見える河原に岩風呂らしき構造物を発見。

ベースン・クリーク温泉は、アイダホに数ある野湯のなかでも、比較的分かりにくい場所にあるといえます。

あるぱか
湯気が立ってるから、辛うじて分かるね。
ワクワクしてきたよ。
かぴばら

穴場的なスポット

ダート道から温泉へ、直滑降するには危険な急斜面。

少々遠回りになりますが、岩山を回り込むようにして河原へ下りました。

岸まで斜面がせり出していて、川面を除けばほとんど平らな場所がない辺りに、温泉があります。

この立地のため、岩石を組んで川の一部を区切らないことには、入浴に適した形となりません。

増水したらすぐに流出するので、訪れるたびに様相が変わりそう。

私の訪問時は、主に2つの岩風呂が形成されていました。

湯口は、上流側の岩風呂にありました。

川の水面から少し高い地点の岩間から、無色透明、無味無臭の源泉が勢いよく噴き出しています。

一方、川底からの湧出はない様子。

Water Temperature

泉温60℃、うっかり触れれば火傷する熱湯です。

川の水と上手い具合に混合する必要があります。

極楽、極楽!

幹線道路から外れていて訪れる客は少なく、大自然の中でゆったりと湯浴みを楽しむことができました。

むしろ、アイダホにはこのようなスタイルのワイルドな温泉が数え切れないほどあるので、一つの場所に客が集中しにくいのかもしれません。

アイダホの旅は、充実した湯巡りになりそうです。

まとめ

Basin Creek Hot Springs, スタンレー, アイダホ州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    野湯
  • ルール
    全裸可
  • 塩素消毒
    無し
  • 泉温
    60℃(湧出点)

-アイダホ州
-, ,

© 2021 Ken@孤独の温泉