バニョス・テルマレス・デ・オホカリエンテ温泉, メキシコ

「こんにちは。」

メキシコ・アグアスカリエンテスでは、空港の職員から日本語で挨拶されました。

ここは日産自動車を中心とした日系企業の一大集積地であり、かつ温泉の町でもあります。

タラベラ焼き調のタイル

独裁と内紛を繰り返して世間を騒がす日産自動車ですが、アグアスカリエンテスが日産の「企業城下町」として着実な成長を遂げてきたのは紛れもない事実です。

Signboard

1575年に建設されたこの町では、スペイン語で「アグアス(=水)カリエンテス(=熱い)」を意味する通り、温泉が湧きます。

オホカリエンテ温泉は、現存する最も大きな日帰り入浴施設。

Entrance

こういった歴史を感じる場所が、単なる史跡ではなく現役の施設として営業しているのは、喜ばしいことです。

利用は貸切制のみですが、事前予約は不要です。

Reception

豊富な湧出量を背景に、貸切風呂の数は約30にも上ります。

利用は1時間単位で、2人向けの個室から15人向けのプールまで8段階の細かな価格設定があります。

Price List

今回は最も安い150ペソの”Tina”を選びました。

係員に渡された半券に書かれた番号どおりの浴室へ向かいます。

Patio 1

清掃員に半券を渡すと、浴槽に栓がされて湯張りが始まりました。

Number 7

浴室は、小さくも美しい。

スペインから伝来し、メキシコ的な色彩感覚が融合したタラベラ焼き調のタイルに囲まれています。

Indoor Bathroom 1

ベンチから壁にかけられた鏡の縁まで、同じ紋様で彩られています。

金属製の蛇口からは源泉が激しくほとばしっています。

Water Outlet

泉質はこれといった特徴のない単純泉。

泉温は40℃程度のぬるめですが、貯め湯にせず常時かけ流していると、身体がじんわりと温まってきます。

Water Discharge

水面付近に排水口があるので、かけ流し続けてもあふれない構造になっています。

バラエティ豊かな浴室

Patio 2

湯上り後は施設内を散策することにしました。

Patio 3

少し小高くなったところには、木陰の下に休憩スペースがあります。

ここで一服するのも良いアイデアですが、私はそれより他の浴室に興味津々でした。

Many Bathrooms

等間隔で多くの浴室が並んでいます。

空いている扉から内部をのぞいてみると、驚いたことにそれぞれ意匠が異なります。

Indoor Bathroom 2

こちらのやや大きめの浴室は、浴槽へのアプローチが美しく、赤色のタイルが印象的です。

一方、こちらは地下に続く階段を降りていくような構造で、タイルはモダンな市松模様です。

Indoor Bathroom 3

最も大きい屋外プールも貸切制です。

大家族がまとまって利用すれば結果的に安上がりになるので、メキシコではニーズのある使われ方なのかもしれません。

Outdoor Pool

迷路のように入り組んだ敷地内を探索すると、さらに建設中の屋内プールを発見しました。

Ruin

「画一的」といった言葉とは無縁の珠玉の浴室群が、この歴史ある温泉施設の最大の魅力となっています。

Baños Termales de Ojocaliente, アグアスカリエンテス, アグアスカリエンテス州, メキシコ
私の好み [2/5]
日帰り入浴 可 (8:00 – 20:00)
宿泊 不可
公式サイト なし

コメントを残す


Ken Springfield