テキサス州

バンブー・プール - アメリカの温泉

テキサス州ビッグ・ベンド国立公園は温泉が湧くことでも有名ですが、それはリオ・グランデ川にせり出したラングフォード温泉のこと。

その近くに、もう一つの温泉が隠されていることは、ほとんど誰も知りません。

プラダ・マーファ

周辺にはさして見るべきものがない辺境の地、ビッグ・ベンド国立公園に行くことがあれば、プラダ・マーファに立ち寄ってみては?

Prada Marfa

2005年に発表されたこのインスタレーション・アートは、高級ファッションブランドのプラダの実店舗を模していますが、買い物をすることはできません。

ここは、野生生物が姿を現すような荒野の真ん中です。

この作品の当初の意図は消費主義への批判などと解釈されていますが、作者の意図していないところで、その存在意義が変化しています。

Prada Marfa 1

SNS映えする風変わりな観光地として消費されるようになり、批判しているはずの価値観を体現する側に回っているのです。

それも含めてアートだとすれば、面白い!

ターゲット・マラソン

Target Marathon

プラダ・マーファの近くにもう一つの作品が存在します。

誰が、何のために作ったのかは明らかになっていませんが、明らかにプラダ・マーファへのオマージュ。

米国では知らない人のいない百貨店チェーン、ターゲットに似せた小屋が荒野にたたずんでいます。

リオ・グランデ・ヴィレッジ

東京都の面積の約1.5倍という広大なビッグ・ベンド国立公園。

Rio Grande Overlook

温泉が湧くのは、メキシコとの国境をなしているリオ・グランデ川の河川敷です。

公園内には、整備されたキャンプ場が4つあります。

Rio Grande Village Campground 1

今回は、温泉に最も近いキャンプ場の一つ、リオ・グランデ・ヴィレッジ・キャンプ場に泊まりました。

洗い場や水洗トイレを完備していて、とっても快適。

Rio Grande Village Campground 2

キャンプ場には20世紀初頭に建てられた入植者の遺構が残っていたりして、なかなか楽しめます。

隠れ家的温泉

温泉へは、リオ・グランデ・ヴィレッジから歩いて行くこともできますが、往復2時間以上かかるので、ショートカットしました。

ラングフォード温泉の駐車場に車を停めれば、そこから温泉まで徒歩10分程度。

Ascent

ただ、今回のお目当ては別の温泉です。

ラングフォード温泉の前を通り過ぎて、リオ・グランデ川沿いに更に下流へ向かいます。

Signboard 2

地図にも載っていない無名の温泉なので、道案内は詳しめにしておきます。

駐車場に直結している道が左手の丘陵から下りてきて、合流します。

Signboard 1

更に直進すると、リオ・グランデ・ヴィレッジまでの距離を示す看板があります。

道は川からやや離れて、右手に氾濫原を見下ろす高台を通ります。

Horse

最初に現れる枯れ川が目印。

分かりにくいですが、枯れ川を渡るために大きく湾曲した部分の手前、右斜め後方に道が分岐しています。

Entrance 2

仮にそのまま直進すると、道は再び川近くになるので、誤りだと気付きます。

分岐した方の道は、緩やかに氾濫原へと降りて行きます。

Entrance 1

数年に一度の洪水で温泉付近は洗い流され、地形は変わる可能性があります。

緑が生い茂っている辺りでは、進路はほとんど獣道並みに消えかかっています。

Trail 2

ここまで来たら、獣になった気持ちで下草をかき分け、野生の勘で温泉を探すしかありません。

かぴばら
ワイルドだろ~?
 Exactly(そのとおり)
あるぱか

あの茂み、怪しい……

Trail 1

あった!

ラングフォード温泉のすぐ近くにあるのに、3度目の探索でやっと発見した、バンブー・プールです。

Bamboo Pool 1

どう見てもバンブー(竹)ではありませんが、ヨシのような植生に完全に秘匿された立地。

メキシコ国境まで数十メートルしかないので、入浴中に国境警備隊に見つかったら、弁明が難しそう。

泉温は37℃のぬる湯。

Water Temperature

源泉は泥っぽい底面からじんわりと湧出していて、あまり清潔な感じはありません。

それでもようやく見つけた秘湯に、「これが本当の隠れ家的温泉」と感無量なのでありました。

Bamboo Pool 3

まとめ

Bamboo Pool, ビッグ・ベンド国立公園, テキサス州, アメリカ

私の好み

  • 種類
    野湯
  • ルール
    全裸可
  • 塩素消毒
    無し
  • 泉温
    ~37℃

-テキサス州
-, ,

© 2020 Ken@孤独の温泉