アルカライ温泉, ネバダ州

ゴールドラッシュが去り、打ち棄てられた鉱山都市。

その近くの打ち棄てられた温泉リゾートに、最高の温泉が自噴しています。

ゴールドフィールド

地平の果てまで来たかのような荒野の真っ只中に、突如立派なホテルの廃虚が現れて驚きます。

Photo by Jasperdo – Goldfield, Nevada (2013) / CC BY-NC-ND 2.0

300名足らずの住民が住むゴーストタウン、ゴールドフィールドはかつて人口2万人を誇る、ネバダ州最大の都市でした。

ゴールドラッシュの中心地の一つで、1904年には合衆国の30%もの金を産出したといいます。

金価格の下落によるブームの終えんと大火の被害により、町はそのまま打ち棄てられています。

アルカライ温泉

ゴールドフィールドから舗装路を10分ほどのドライブで、家畜が水辺に群がっているのを発見。

この辺りには雨季限定で塩湖が出現しますが、家畜が飲んでいるので塩水ではないようです。

流路をたどっていくと、人工的なプールが出現。

実は、ここにはゴールドフィールドの最盛期に温泉リゾートがあり、その廃墟なのです。

道路からも見える、変電所の廃墟が分かりやすい目印です。

周辺は地熱発電所の私有地ですが、誰でも出入りできます。

変電所のある丘の下に、泉源とそれに直結する浴槽があります。

浴槽は二つ。

円形のレンガ造りのものが一つと、楕円形のモルタル造りのものが一つ。

丘の上から、遠くで水を飲む家畜を見下ろします。

地面の色を見ると、丘そのものが温泉成分でできた巨大な析出物であったことが分かります。

二人サイズのレンガ浴槽には、緑がかったにごり湯が注がれています。

湯口は手前のパイプと奥のホースの二つ。

パイプからは48℃、ホースからは50℃の源泉が注がれており、浴槽内で混合されます。

排水口が秀逸な構造になっており、野湯ながら浴槽内は比較的清潔に保たれています。

加水がなくても浴槽内は43℃程度の絶妙な湯加減なので、リチウムを多く含有するという濃厚な源泉を堪能することができます。

めちゃくちゃ気持ち良い~!

もう一つのモルタル浴槽は、よりプリミティブな構造です。

レンガ浴槽に使用されていたホース経由の源泉が、地面を伝ってそのままモルタル浴槽に流入しています。

排水も縁から垂れ流しているだけなので、藻や沈殿物が多いのがやや気になります。

先ほどより熱めの湯加減で、しっかり温まります。

また、見ての通り濁りが少なく、異なる泉質であることが分かります。

最高のパノラマと二種の最高の温泉。

普通乗用車で簡単にアクセスできるので、ゴーストタウン観光とセットでおすすめです!

Alkali Hot Springs, アルカライ, ネバダ州, アメリカ
評価[5/5]
日帰り入浴
宿泊不可 (野営は可能)
公式サイトなし

コメントを残す


Ken Springfield