アグア・アマリージャ温泉, メキシコ

2019年2月、新大統領ロペス・オブラドール氏はメキシコ麻薬戦争の終結を宣言しましたが、残虐な抗争は今なお継続しています。

メキシコ第2の麻薬生産地、ミチョアカン州の温泉を訪ねます。

2019年現在、この温泉があるミチョアカン州は、一部地域を除き外務省の危険情報でレベル2に該当します。不要不急の渡航は止めてください。

モナルカ蝶

ミチョアカン州の山間にあるアンガンゲオ村では、毎年1月から3月の間、数億羽ものモナルカ蝶が乱舞する光景が見られます。

Belleza Emotiva

Photo by Krynowek Eine – Belleza Emotiva (2008) / CC BY-NC-ND 2.0

この蝶の故郷は遠く離れたカナダにあり、越冬のためだけに毎年4,000km以上を移動します。

異常行動にも見える大移動は、なぜなのか?

実は、モナルカ蝶は外敵から身を守るためにアルカロイド(天然麻薬)を食料とし、冬の期間でも「薬物」を摂取し続ける依存症のため、メキシコを訪れるのだといわれています。

大自然の営みの中に、麻薬がしっかりと組み込まれているのです。

アグア・アマリージャ温泉

前々政権から続く、麻薬カルテルに対する武力による「メキシコ麻薬戦争」が組織の分裂を招き、一般市民がかえって縄張り争いに巻き込まれる惨状を招いたといわれています。

ロペス・オブラドール新大統領の打ち出す平和路線も、実効性は不透明です。

Under Construction

観光客の多いアンガンゲオ村近郊でも、数年前に警察官10名が殺害される奇襲攻撃がありましたので、油断なりません。

目立たない身なりで行動は日中に限定し、アンガンゲオから1時間のドライブでフンガペオ村に到着。

Entrance

この村には温泉が湧きます。

フンガペオにあるアグア・ブランカ温泉は辛うじて知られていますが、そのすぐ近くのアグア・アマリージャ温泉については、英語はおろかスペイン語ですらほとんど情報がありません。

Office

豪農の家のような佇まいの、緑豊かな敷地内を歩きます。

軽食を提供する屋台の奥に、4つの温泉プールが並んでいます。

Kiosk

プール脇にいくつかテントが張られています。

キャンプ客はどこでも自由に陣取りして、一晩中温泉を楽しむことができます。

Changing Room

更衣室で水着に着替えます。

手前にあるのが最大のプールです。

First Pool1

一見して清掃が十分ではありません。

源泉のかけ流し量はまずまずですが、それに比してプールが大きすぎて浮遊物の排出が進みません。

First Pool2

隣が中規模のプール。

私のお気に入りはここです。

Second Pool1

泉温32℃程度の源泉はぬるいですが、温泉らしい金気臭を伴います。

湯口の近くに寄れば温まります。

Second Pool2

次にあるのが小規模のプール。

Third Pool1

ここは浅めのため落ち着いて入浴できます。

Third Pool2

最奥にあるのが最小のプール。

源泉の投入量が不足して淀んでいる感じがします。

Forth Pool

修羅の国のように思われたメキシコの「危険地帯」に、のどかな自然の中の温泉でキャンプに興じる人々の日常があるのは、新たな気づきでした。

同じ人間なのですから、考えてみれば当然のことです。

Second Pool3

知らない、怖い、分からないといった理由で、世の中で起きるほとんどの出来事に触れることもなく私たちは死んでいくのだと思うと、感慨深いものがあります。

Agua Amarilla, フンガペオ, ミチョアカン州, メキシコ
私の好み[1/5]
日帰り入浴
宿泊可 (キャンプ場)
公式サイトなし

コメントを残す


Ken Springfield