【酒池肉林】吉野温泉 元湯

奈良県・吉野といえば桜の名所でしょうか?

300年前、吉野山は大峯山の修験者(山法師)の道場でもありました。

修行に勤しむべき彼らが、思わず酒色におぼれた禁断の温泉が、今なお残っているのです…

観光地の片隅

奈良県・吉野から和歌山県・熊野にかけての一帯は、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。

Appearance

都市圏からのアクセスも良好で、多くの観光客が訪れる金峯山寺から徒歩20分、正に「隠し湯」といった静かな山間に、その温泉はあります。

300年前に開湯された歴史のある温泉で、修験信徒が頻繁に訪れましたが、湯治の名のもとに肉食・妻帯の禁止を定める戒律を乱す者が続出。

ついには取り壊しとなりましたが、その後も密かに野小屋が立てられ、湯治客らを迎え入れました。

Entrance

吉野温泉元湯は、その歴史を今に伝える一軒宿。

島崎藤村ゆかりの宿としても知られ、彼が滞在して執筆した部屋が現在でも残されています。

落ち着いた雰囲気の内湯

観光客の集中する4~5月を除き、日帰り入浴も可能です(700円)。

ただし、11~15時の短い時間限定で、かつ宿泊客が優先ですので電話予約が必須です。

Indoor Bath

浴室はやや手狭な内湯のみで、こちらは男湯。

泉質は薄めの茶褐色で、金気臭を伴います。

13℃のかけ流しの源泉と、加温された源泉が浴槽の中で交じり合っています。

男湯のみ源泉蛇口が別にあり、炭酸を含む源泉を飲泉することもできます。

Japanese Garden

浴室から眺める日本庭園には、独特の美しさがあります。

湯気で曇った窓越しにぼんやりと映る外の景色は、この場所が外界と隔絶された隠し湯であった歴史を物語っているかのようです。

Water Outlet

この湯に入り浸り、堕落してしまったと伝えられる修験者たちが、悟りを開き損ねたとは私は思いません。

むしろ、悟るべき心の平安は、この素晴らしい温泉にこそあるのではないのでしょうか。

まとめ

😆 ここがいいね!

隠し湯の歴史を今に伝える落ち着いた雰囲気

😥 ここがあと一歩

女湯には源泉蛇口が無い

吉野温泉元湯, 吉野温泉, 奈良県, 日本
評価
日帰り入浴 YES
宿泊 YES
公式サイト YES

そういえば…

冷泉を浴槽の中で加温しているのはこちらの旅館も同じで、よく似たにごり方をしています。

Shimizuya

清水屋, 柳沢鉱泉, 栃木県, 日本

特筆すべきは、表面に浮く析出物です!

マグネシウムを含む温泉はこのように膜を張ることが多く、溶け込んだ成分の多さを如実に表しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ムクの母さん より:

    スジャータですね。。。
    深い❗
    では、また(^-^)/

コメントを残す