世界の温泉

世界中に温泉があることを知っていますか?

当ブログは、世界中に湧き出る温泉を実際に訪れ、入湯した記録を通して温泉の普遍的な魅力を発掘します。

なぜ、温泉か?

あなたは幼い頃、飲み水の味が分かりましたか?

子供であっても、水道水とミネラルウォーターの違いぐらいは分かるかもしれません。

でも、そのおいしさをしみじみと味わうことができる大人になるまでに、皆さんは人生において色々な経験をしてきたのではないでしょうか。

温泉についても同じことがいえます。

Goshiki No Yu Ryokan

五色の湯旅館, 五色温泉, 長野県, 日本

幼い時には単なる「広いお風呂」でしかなかった温泉に対して、歳を重ねた私たちは、いつしか心の平安を求めるようになりました。

温泉はなぜ、私たちの心を落ち着かせるのでしょうか?

極上の温泉は、それに浸かることができるだけでなく、ミネラルウォーターのように味わうことができ、色、匂い、音…

五感全てに働きかけます。

2010年、神戸・有馬温泉で私はその奥深さに魅せられ、以降日本国内500湯超に入湯。

ところが、どんなに辺ぴな山奥の秘湯についてでさえ、インターネット上は温泉マニアの情報であふれかえっています。

私のような素人がそれに何かを付け加える意味など無いに等しいものと考えていました。

なぜ、世界か?

2016年、私はアメリカ合衆国テキサス州に引っ越しました。

El Paso, TX

Photo by Ron Reiring – El Paso, TX (2017) / CC BY-SA 2.0

私の本業は、日本企業に勤めるサラリーマンです。

海外駐在という業務命令に従わざるを得ず、温泉大国・日本を泣く泣く離れたわけですが、そこで思わぬ出会いがあったのです。

アメリカにも温泉がある?」

温泉は、それが湧出する地質的な条件が必要ですが、同じくらい重要なのが、温泉の価値を理解して入浴する文化です。

これらの意味で、温泉は実に様々な形をとって世界中に存在することに気付いたのです。

その驚きと喜びを発信したいと思ったのが、私が当ブログを始めたきっかけです。

私には本業の制約があるので、「世界」の温泉というには大げさで、アメリカの温泉紹介ぐらいしかできないかもしれません。

しかし、当ブログは国境の垣根を越えた記事を通じて、特定の文化や言語に左右されることのない、温泉の普遍的な魅力を発掘することを目指しています。