【番台犬!】天然温泉テルメ龍宮

優れた温泉に入るためには、人里離れた場所へ出かける必要があるのでしょうか?

いいえ、日本の場合、むしろ都市圏に良質な温泉が湧くことも多いのです。

日本の二大都市の真ん中に極上の温泉が湧くのは、果たして偶然なのでしょうか…

昭和の空気

大阪湾に面した下町。

運河を挟んで海遊館など有名な観光地のすぐそばですが、あたりは市営住宅が立ち並び、昭和に取り残されたかのような空気が漂っています。

Appearance

町工場のようにも見える、大きなこの建物が温泉銭湯。

昔ながらの木札の下駄箱を通り過ぎると…

Reception Dog

出た!番台犬です。

番台としての使命感に満ちあふれたこの小さな顔を見てやってください。

もちろん彼が常に登板しているわけではなく、この時は湯あたりで倒れたお客さんがいたので、急遽出番が回ってきたまで。

それにしても、番台にお約束の小物一つ一つが、もはや様式美の域に達していると思うのは私だけでしょうか。

秀逸な露天風呂

内風呂も銭湯としては興味深い造りをしていますが、温泉としては及第点に達しません。

そこで、露天風呂へ向かいます。

Open-air bath

L字型のかなり大きな露天風呂は、都市圏の温泉の宿命で、目隠しのための高いコンクリート壁で覆われています。

一方、小さな日本庭園のようなものがあり、雰囲気をやわらげる工夫も感じられます。

右奥の湯口から源泉が供給され、左側の寝湯を通って排水される構造。

Bed Bath

泉質はここ数年で大きく変わりました。

かつては黄濁し塩分を多く含む泉質でしたが、現在はこの地域に多い飴色で、香ばしいモール臭を伴います。

営業中の塩素消毒は実施していないとのことです。

Water Outlet

浴槽が大きいため、湯の鮮度を重視するなら湯口の近辺を陣取りましょう。

肌触りがよく体中に泡付きがあり、泉質が変わった今でもなお、極上の温泉であることが分かります。

まとめ

😆 ここがいいね!

昭和の空気感をまとった温泉銭湯で提供される、香り高い温泉

😥 ここがあと一歩

露天風呂の浴槽が大きすぎ、寝湯の付近では鮮度の劣化を感じる

天然温泉テルメ龍宮, 大阪市, 大阪府, 日本
評価
日帰り入浴 YES
宿泊 NO
公式サイト YES

そういえば…

大阪にこんなに優れた温泉が湧くなら、首都・東京はどうでしょうか?

Spa and Hotel Nagomi

SPA&HOTEL和 -なごみ-, 大田区, 東京都, 日本

東京都内で多く見られるのが、黒湯と呼ばれるコーラのように色の濃い湯。

日本の二大都市のどちらにも良質の温泉が湧くのは、私は偶然ではないと思います。

温泉を含む地下の水資源の豊富な地域に、人々は集住したのではないでしょうか?

コメントを残す