【常識を疑え】テコパ・ホットスプリングス・キャンプグラウンド・アンド・プールズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その常識は、本当に常識なのでしょうか?

アインシュタインはこう言いました。

『常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。』

カリフォルニアの公衆浴場で、そんな言葉を思い出しました…

動く石

「死の谷」という名に相応しい、デスバレー国立公園の干からびた荒野に、怪奇現象が見られます。

Mysterious Roving Rocks of Racetrack Playa

Photo by NASA Goddard Space Flight Center – Mysterious Roving Rocks of Racetrack Playa (2010) / CC BY 2.0

数十~数百kgの岩石がひとりでに動き、大地には引きずられた痕が残ります。

常識では考えられないこの現象は、地質学者たちの謎となってきました。

あらゆる気象条件が繊細に組み合わさった瞬間に動くことが解明されたのは、2014年になってからのことです。

公営の公衆浴場

デスバレー国立公園の中心部から1時間強のドライブで、テコパ温泉に到着します。

人口わずか150人ほどの寂れた温泉街に、郡の運営する公衆浴場があります。

Entrance

かつては無料でしたが、最近有料(9ドル)になりました。

キャンプ場に併設された温浴施設は、アメリカでは珍しく年中無休、24時間営業。

さらに驚くべきことに、入浴方法が完全に日本式なのです!

日本式の入浴方法

敷地に足を踏み入れると、男湯と女湯の建物が分かれています。

Exterior

浴室の扉を開けると、水着着用不可(No clothing in water)の注意書きが掲げられています!

アメリカでは混浴、かつ水着着用必須または水着着用可が一般的なので、これは極めて珍しい指示です

Hotter Tub

男湯は二つの浴室に分かれています(女湯には露天風呂も付いているようです)。

41℃程度のツルツルとした浴感の源泉が大量にかけ流され、泉質や湯使いは優れています。

Warm Tub

しかし、日本では常識となっている男女別、全裸での入浴方法が、アメリカでの生活が長くなるにつれ奇異に映り、やや落ち着かない印象を抱きます。

新しい価値観を手に入れることは、案外難しくないようです。

まとめ

😆 ここがいいね!

アメリカでは貴重な日本式の入浴方法

😥 ここがあと一歩

風情に欠ける浴室

Tecopa Hot Springs Campground & Pools, テコパ, カリフォルニア, USA
評価
日帰り入浴 YES
宿泊 YES
公式サイト YES

そういえば…

浴場から10分ほど車を走らせると、無料の露天風呂があります。

Tecopa Hot Tub

テコパ・ホット・タブ, テコパ, カリフォルニア州, USA

広大な砂漠の地面にポッカリと空く浴槽は、常識では考えにくい光景かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しています

コメントを残す