【夢のカリフォルニア】シカモア・ミネラル・スプリングス・リゾート・アンド・スパ

アメリカ在住の日本人に最もよく知られた温泉とはどこでしょうか?

カリフォルニア州のシカモア温泉はその筆頭でしょう。

この温泉宿は、日本人が温泉に求める「夢」のほとんどを兼ね備えているように思えます。

まとめ

アビラ・ビーチ

ロサンゼルスから太平洋岸を北西にドライブすること3時間。

カリフォルニア・ワインの産地であるサン・ルイス・オビスポ郡は、ブドウ畑の広がる田園地帯です。

Avila Beach

Photo by Florent Lamoureux – Avila Beach (2017) / CC BY-NC-ND 2.0

アビラ・ビーチはそののどかな風景の中で、ひときわ美しい海岸。

そこから車でわずか3分の山中に位置する好立地に、温泉宿があります。

間違いのないように

シカモア温泉はこの地域で石油掘削中に掘り当てられた湯を提供する、洗練された雰囲気のホテル。

宿泊料金が割高だからといって、日帰り入浴を試す意味は全くありません。

The Hillside Hot Tub

日帰り客向けの浴槽は塩素消毒の臭いが強烈で、もはやお通夜状態です。

宿泊者は各客室に付属する露天風呂で消毒のない湯を楽しむことができますが、その予約時に間違いを犯してはなりません。

この温泉の発する臭気はアメリカの富裕層には一般的に好まれず、グレードの高い部屋ほど源泉が加水されて魅力を失う逆転現象が見られます。

Spa Suite-Queen "mythical"

Adventure、Harmony、Mythicalの三つの宿泊棟のみが源泉かけ流しで、今回はMythicalでの宿泊です。

ベッドルーム奥のバルコニーは山の斜面に接しており、ここに浴槽が配置されています。

Bedroom

FRP製のジャグジー風呂は風情に欠けますが、湯口から飛び出す温泉は本物。

典型的な硫化水素臭に加えて個性的なアブラ臭を伴い、良質な日本の温泉を想起させます。

Mineral Tub

湯口で約44℃の湯は黄味がかっていますが、一晩寝かせることで酸化が進み美しく白濁します。

その状態では冷え切っているものの、新湯を追加投入することで、朝風呂ではぬるめのにごり湯を堪能できます。

Milky-white

60年代の名曲、The Mamas & The PapasのCalifornia Dreamin’(邦題:夢のカリフォルニア)は、薄暗く寒いニューヨークで、明るく暖かいカリフォルニアを夢見る歌。

そんなカリフォルニアで更に温かい日本の温泉を夢見るとしたら、シカモアでの入浴は最も理想的といえるでしょう。

まとめ

ここがいいね!

特徴的なアブラ臭

ここがあと一歩

既製品の浴槽

Sycamore Mineral Springs Resort & Spa, サン・ルイス・オビスポ, カリフォルニア州, USA
評価[5/5]
日帰り入浴YES
宿泊YES
公式サイトYES

カリフォルニア州の温泉


アメリカの温泉

コメント

  1. ムクさん
    “Youth is not a time of life; it is a state of mind” Samuel Ullman

  2. ムクさん より:

    夢のカリフォルニア
    60年代青春を思い出します。
    いい曲です。

コメントを残す