【原色の湯治宿】ペリカン・スパ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湯治と温泉旅行は何が違うのでしょうか?

湯治とは、温泉地に少なくとも1週間以上滞留して、疾病の温泉療養を行う行為とされています。

そのためには、疲労回復や観光目的で宿泊する温泉宿とは異なり、より安価で必要最低限の設備を備えた宿が求められます。

アメリカで見つけた湯治宿は、カラフルな原色の世界でした…

スパーキーズ

アメリカ南西部最大の温泉街、トゥルース・オア・コンシクエンシーズの隣町、ハッチは、唐辛子が名産。

その唐辛子を使ったハンバーガーを食べられるのが、Sparky’sです。

Sparky's

ジューシーなパテに負けず劣らず素晴らしいのが、その店内。

ゴチャゴチャと楽しい雰囲気の店内は、元気を与えてくれます(天井付近にドナルド・マクドナルドが潜んでいるのが見えますか?)

原色の世界

トゥルース・オア・コンシクエンシーズにある温泉付きホテルは、客室数の少ない所ばかりで、週末は予約を取るのが困難。

その中で例外的に、急な宿泊に最も応えてくれそうなのがペリカン・スパ。

Courtyard

温泉街の広い範囲にわたって原色に塗られた建物がまばらに建ち並び、それらが全てホテルの宿泊棟です。

1泊$55からと破格の価格設定で、湯治を目的とする長期滞留にもピッタリ。

Appearance

宿泊者はこちらの温泉棟に自由に出入りすることができます。

ほとばしる源泉

温泉を備えた客室は1つしかありません。

それが、このThe Aqua Roomという部屋。

The Aqua Room

温泉棟の中に唯一設けられている客室で、かつ壁が薄くある程度の騒音を覚悟する必要があります

部屋の中の隅々までカラフルで、取り立てて清潔という感じではありませんが、必要最低限の設備が備わっています。

Tub in the Aqua Room

蛇口をひねると、怒とうの勢いでほとばしる源泉!

クセのない適温の湯を、思う存分楽しむことができます。

この部屋の風呂とは別に、貸切風呂(全て内風呂)が4つあり、ホテルの宿泊者は先客がいなければ誰にことわるでもなく使用することができます。

Biggest Tub

こちらが最も大きい浴槽で、湯量が豊富なため瞬時に新しい湯を注ぐことができます。

難点は、宿の管理が行き届いておらず、例えば先客が浴槽で洗剤を使いその後のすすぎが不十分だと、臭いが残っているようなことがありました。

立つ鳥跡を濁さず。

まとめ

😆 ここがいいね!

長期滞留にピッタリ

😥 ここがあと一歩

良くも悪くも客任せ

Pelican Spa, トゥルース・オア・コンシクエンシーズ, ニューメキシコ州, USA
評価
日帰り入浴 YES
宿泊 YES
公式サイト YES

ブログランキングに参加しています

コメントを残す