【ワイン片手に】パソ・ロブレス・イン

上質な休日をお望みですか?

カリフォルニアでワイナリー巡りなどいかがでしょう。

ついでに、温泉を楽しむことだってできるのです。

まとめ

カリフォルニアワイン

カリフォルニア州を仮に一国家とみなした場合、イタリア、フランス、スペインに次いで世界第4位のワイン生産国に値します。

日本でもカリフォルニアワインは多く流通していますが、チリ産などと並び、新世界のワインとして歴史が浅く思われがち。

Underground at Justin Winery

Photo by kylesteed – Underground at Justin Winery (2012) / CC BY-NC 2.0

ところが実は、スペイン植民地であった18世紀に宣教師がブドウ畑を開墾したのが起源で、「新世界」と呼ぶにはあまりにも古いのです。

今日では、家族経営の小規模なものから世界的な大企業まで、2,000軒近いワイナリーが州内に存在します。

ワイナリーによるプロデュース

Exterior

ロサンゼルスとサンフランシスコの間はブドウ畑が集中する田園地帯で、アメリカ全土の中でも特に牧歌的で美しいエリアです。

パソ・ロブレス・インはそんなワインの一大産地にあるホテルで、宿泊者は各部屋で温泉を楽しむことができます。

と言っても、全ての客室に配湯されているわけではなく、予約時に割高な「スパ・ルーム」を指定する必要があります。

Bedroom

スパ・ルームにはそれぞれ地元のワイナリーをテーマとした装飾が施され、ここを拠点にワイナリー巡りに出発するには気分が盛り上がります。

温泉の浴槽はバルコニーに設置されています。

Balcony

中庭に面した広いスペースに、既製品のジェットバスが置いてあります。

全裸で入浴するなら、外部から丸見えになってしまうのでカーテンを閉じる必要があります。

Some Deposits

はやる気持ちを抑えて源泉を注ぐと、45℃ほどの熱湯は、思いのほか没個性。

近隣のフランクリン・ホットスプリングスのような強烈な泉質を期待していると、肩透かしを食らいます。

うっすら緑がかった湯に、黒い湯の花状の物体が沈殿していますが、ほとんど無臭。

Beautiful Garden

おかしいな?

昔のレビューによれば、シカモア温泉に匹敵する個性的な湯とのことだったので、現在では源泉の硫黄分を除去する加工が施されているように推測します。

ワイン片手に優雅に過ごすのがピッタリな雰囲気の宿に、パンチの効いた本物の温泉を求めている変人は、悲しいかな私ぐらいのものなのでしょう。

まとめ

ここがいいね!

ワイナリー巡りに最適の立地

ここがあと一歩

お行儀が良すぎる泉質、あるいは湯使い

Paso Robles Inn, パソ・ロブレス, カリフォルニア州, USA
評価[2/5]
日帰り入浴NO
宿泊YES
公式サイトYES

カリフォルニア州の温泉


アメリカの温泉

コメントを残す